DRONE

PRODRONE、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表。[InterDrone2017]

PRODRONE、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表。[InterDrone2017]

株式会社プロドローン(PRODRONE)は、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表した。

PD8-AW-HRは、2017年9月6日から8日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン展「InterDrone 2017」同社ブース(ブースNo.601)にて参考展示される。

PD8-AW-HRは、キヤノン製超高解像度のカメラを搭載した高圧電線検査ドローン。画像をリアルタイムで送信可能なため、危険を伴う高圧電線の点検が容易に行える。実際のヘリコプターでの目視や、点検員が登って行うなどの点検作業費用がドローンの導入によって安全性が高まり、コスト削減も可能だとしている。

PRODRONE独自のオートパイロットシステムにより予め設定した点検コースを自動で飛行する。優れた画像認識技術により鉄塔と鉄塔の間に孤を描いた電線に沿って飛行可能。画像や映像の取得のほか、その位置も捉えられるため、後からの保守作業も容易になるとしている。主な仕様は以下の通り。

仕様(暫定)
モーター軸間距離 1534mm
最大ペイロード 20kg
機体重量 17.52kg
※バッテリー、ジンバル、カメラ、レンズ含む
最大速度 70km/h
全高 900mm
飛行可能風速 8m/s
プロペラ直径 544mm/21.4inch
飛行時間 20分
※非搭載時の場合 ※飛行条件により異なります
バッテリー 16000mAx2
耐水性能 雨天飛行可
カメラ
(5DS+EF200mmレンズ)
1.92kg
▶︎PRODRONE
djimini3pro
Return Top