Yuneec、産業用にフォーカス。H520ヘクサコプターを発表 [InterDrone2017]

2017-09-12 掲載

DJIに追随するドローンメーカーの産業用分野への方向転換が続く仲、Yuneec Internationalもその戦略に乗り出した。Yuneec Internationalは、同社で初めて産業用向けドローンH520発表した。H520のシステムには同社がテストを行った6つのロータープラットフォームを使用している。高品質カメラに加え、パブリックセーフティ、建設、点検作業、映像制作など、商用利用のためのミッション・プランニングソフトウェアを組み込んでいる。H520の安定した飛行能力、ペイロードのさまざまな選択肢、地上からの統合コントローラーは、Yuneec製ドローンの優れた精度と安全基準に沿うものだとしている。

H520 は大口径レンズや1インチセンサーを利用したE90ハイレゾカメラの使用が可能だが、E50やCGOETの事前予約も可能で、今秋の配達を予定している。商用UAVの全ラインアップはYuneecの新たなコマーシャルサービスプログラムYES!で閲覧可能となる。

H520は、産業・商用環境で使用できるよう設計されており、よく目立つハザードオレンジ色の機体と、6つのローター(緊急時には5つのみでの飛行も可能)を持つデザインが特長的だ。モジュールのデザインはYuneecのカメラ(E90、E50、CGO-ET)に対応可能。全てのカメラのペイロードは電源が入った状態のまま相互に交換できるため、商用目的のユーザーは時間の節約という利便性に期待できるという。E50は焦点距離が中距離のハイレゾカメラで、機体と撮影対象の間に安全な距離を空けたままクローズアップ撮影が行えるため、点検作業や番組撮影に適している。

E90は広角のハイレゾカメラで20メガピクセル、1インチのSony ExmorセンサーとAmbarellaのH2高速画像プロセスチップを使用し、高品質の写真やビデオ撮影が行え、インフォメーションモデルの構築や2D/3Dのマッピング、映画制作には理想的だ。CGO-ETのdual thermal-RGBカメラは特にパブリックセーフティ、救助・捜索、太陽光の検査での利用を想定して設計され、統合ジンバルを持った温度感知とレジデュアルライトが組み合わされており、E90とE50にもアダプターリングやサードパーティ製フィルタが含まれる。

Yuneecの商用カメラは全て360°の連続モーションに対応し、H520の格納式ランディングギアと組み合わせにより、様々なアングルから視界が遮断されることはない。さらにカメラとジンバルは上向きの点検作業沿想定し、20°までの上向きにも対応可能。H520には7インチ統合ディスプレイとビデオ同時処理用の720p HDビデオダウンリンクを備えたコントローラーと、外部モニター配信用のHDMIアップリンクが付属している。

Yuneec International CEOのMichael Jiang博士は次のようにコメントしている。

Jiang博士:わが社のエンジニアとプロジェクトマネージャーのチームはH520のソフトウェアに磨きをかけ、商用レベルで最高のUAVを開発すべく、広範囲にわたるテストを行ってきました。みなさまにH520が多目的でさまざまな企業で応用できると気づいていただけるだろうと自信を持っております。わが社の統合ミッション・プランニングソフトウェア、DataPilotを含む、確かで信頼の置ける発展した機能があります。

YuneecのDataPilotは、調査や航路座標に基づいたUAVのフライトを計画するコンプリートソリューション。DataPilotは他のフライト・プランニングアプリケーションと異なり、YuneecのH520で使用されるハードウェアとソフトウェアの管理システムと統合されている。コンプリート・システム統合の利点のなかでも重要なのは、UAV運用が閉じたアーキテクチャとして行えることだ。

Jiang氏:Yuneecの顧客はデータや画像を安全に保管することの重要性を理解しています。Yuneecのデータ・エコシステムにより、ユーザーや企業組織は常にデータ管理権限が与えられています。Yuneecの商用sUASが電子または視覚データを収集し、内部および外部関係者と共有することはありません。

全てのシステム統合に加え、開発者などは、第三者のUASプラットフォームのさまざまな商用向けに付加価値のあるアプリケーションや、サービスの開発を可能にするH520のソフトウェア開発キットを評価している。Mobile SDKは開発者がYuneecのUAVプラットフォームを構成するハードウェアやソフトウェアへのアクセスと管理を可能にする。

YuneecのソフトウェアパートナーであるPix4Dの創設者でCEOのChristoph Strecha氏は次のようにコメントしている。

Strecha氏:YuneecのH520 SDKのおかげでUAV飛行システムやデータ集積過程とよりしっかり統合したソフトウェアをPix4Dが提供することができるようになりました。地図や体積測定のより正確な3次元表現につながるでしょう。

さらに、YES!商用拡張サービスプログラムはユーザーが仕事を済ませることに集中できるようsUASの停止時間を最短化している。同プログラムのサービスパッケージはブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと4段階あり、それぞれに1~2年の保証オプションが含まれる。最もベーシックなブロンズサービスパッケージには1~2年の保証と通常の使用における欠損の無制限保証、2(1年)または3(2年)no-fault修理が含まれる。全てのサービスを受けられるプラチナパッケージには、2年のno hassle保証、next day advance交換、毎年1、2回のメンテナンスが含まれる。サービスオプションの料金は399~2,499ドル。

H520は1,999~4,69ドルのさまざまな設定が利用可能だ。H520やE90、E50、CGO-ETカメラのペイロード、DataPilot、SDKプラットフォーム、YES!商用サービスプログラムに関する情報は同社Webページより。

Yuneec
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む