FLIR Systems、FLIR Duo Pro Rデュアルセンサー搭載の商用ドローンカメラを発表 [InterDrone2017]

2017-09-14 掲載

FLIR Systems(FLIR)は、商業ドローン用「FLIR Duo Pro R」赤外線画像システムとマッピングシステムのデュアルセンサーを搭載したカメラを発表した。FLIR Duo Pro Rは、2017年9月6日~8日にラスベガスで行われた「InterDrone Conference」に展示され、2017年第4四半期からFLIRの専門販店にて5,199ドル(約56万円)から購入可能。

FLIR Duo Pro Rは、放射線計測つきの赤外線センサーが特長的で、単一飛行で実用的な赤外線データと可視データを取得して詳細な画像を得ることはが可能。商用・産業用・個人用ドローンの応用の可能性を広げる「画像」の新しい時代を先導するものとなるという。

FLIR Duo Pro Rは飛行中に赤外線カメラとビデオカメラを切り替えが可能。画質を上げるために、解像度336×256、または640×521の赤外線センサーと高精細度4Kカラービデオカメラにより、FLIRが特許取得したマルチスペクトルダイナミックイメージング技術MSXを使用し、忠実度(Hi-Fi)の高い可視光を可能にする技術を赤外線画像に利用している。

そうした赤外線モードや可視モード、ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)モードが備わったDuo Pro Rはライブ映像と静止画を、2つの専用microSDカードに記録。microHDMIによるデジタルライブ映像出力と、アナログビデオ出力を備えており簡易な接続が可能。

FLIR Duo Pro Rデュアルセンサーは、飛行中に独立型マッピング・パッケージを作成する。完全統合型のGPSレシーバーや慣性測定ユニット(IMU)、気温センサーや湿度センサー、高度センサーにより、空中のプラットフォームから、正確な地図や3Dモデルを作成するために必要なジオタグデータを提供する。グローバルプロダクト戦略(GPS)の上級副社長Jeff Frank氏は次のようにコメントしている。

Frank氏:FLIR Duo Pro Rの画像性能はトップクラス。ひとつのシステムに統合された高品質の赤外線カメラと可視カメラによって、ドローンパイロットは時間と労力を省くことができるでしょう。飛行中に、赤外線カメラか可視カメラの画像を、ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)モードで両方のビデオストリームを選ぶことができるので、ドローンを操縦する人にとって、空中の画像や赤外線データを得るのがより簡単になりました。

FLIR Systems
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む