DRONE

ひかりTV、「九州一花火大会」を史上初の4Kドローン空撮、4K-IP生中継実施

ひかりTV、「九州一花火大会」を史上初の4Kドローン空撮、4K-IP生中継実施

株式会社NTTぷららと、株式会社アイキャストが運営する映像配信サービス「ひかりTV」は、ハウステンボス株式会社が来週9月23日に開催する「九州一花火大会」の模様を、世界で初めて4Kカメラ搭載ドローンを利用して4K-IP放送による生中継を実施する。

ドローンから生中継となると無線通信を利用するため伝送映像画質はHDまでにとどまっていた。今回、NTTぷららとテレビ西日本が共同で考案した4K映像の伝送を可能にする有線のドローンを使用することで、4Kの映像伝送が実現する。現地では上空100mまで上昇可能な4Kカメラ搭載のドローンを飛行させ、本ドローンと中継拠点間を光伝送ケーブルで結ぶ。

番組制作はテレビ西日本と株式会社サガテレビが協力し、生番組はHDR対応になる。再放送および4K-VOD用の制作時に、Dolby Atmos対応に編集する予定。

九州一花火大会は、ハウステンボスで開催される西日本最大級の花火大会で、今回で5回目を迎える。本生放送は2017年9月23日(土)18:40から、4K画質はひかりTVチャンネル 4K(Ch104)にて、HD画質はひかりTVチャンネル2(Ch102)にて放送される。4K/HDRで視聴するには、ひかりTVが認定したHDR(HLG方式)対応の4Kテレビが必要。

(ザッカメッカ)

Return Top