Atlas Dynamics、固定翼ドローン「Atlas Blue-J」を出展 [InterDrone2017]

2017-09-26 掲載

Atlas Dynamicsは、固定翼ドローン「Atlas Blue-J」を発表した。Atlas Blue-JはInterDrone2017でひっそりと展示された。

Atlas Blue-Jは翼幅3.5m、航続飛行時間4~6時間、操縦範囲150kmで、大規模な警備や捜索ミッション向けに設計されている。固定翼型のUAVは離着陸も含めて自律か半自律モードを選ぶことが可能。Atlas Blue-Jはカーボンファイバー製のため11kgと軽量で、9kgまで荷物を積載可能。同社CEO Ivan Tolchindky氏は次のようのコメントしている。

Tolchindky氏:私たちのドローンの効率性はまさに我が社のDNAを物語っています。優れたテクノロジーと複雑な航空宇宙技術を大衆向けに簡易化したいという情熱です。ドローンに特化していますが、私たちの核は航空宇宙企業です。これからもAtlas Blue-Jのような最新商品を開発し、市場にお届けする計画です。高度に発展した技術を世界中のプロフェッショナルが普通に使えるツールにしたいのです。

Atlasの固定翼型UAVは、将来の安全保障のニーズに焦点を当てて設計されている。高地での高速ミッションにも耐えられるうえ、ターゲットの継続期間は長くレーダーのフットプリントは低い。

Atlas Dynamics

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む