京商、「第57回全日本模型ホビーショー」に出展。「2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニター」などを展示

2017-09-26 掲載

京商株式会社は、2017年9月29日から10月1日に開催される「第57回全日本模型ホビーショー」に出展する(29日は業者日のため一般入場不可)。同社ブースの特設コースにおいて、アマチュア無線の資格がなくても使用可能な2.4GHz帯で、画像の遅延を制御したFHSS方式採用の「2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニター(日本の電波法承認取得済み)」を展示する。発売は11月予定。セット内容と価格は以下の通り。

■2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニターバッテリー/USBチャージャー付
税別14,000円

セット内容

  • 無線カメラユニット
  • モニター
  • KT231P+用アタッチメント
  • EVAクッションテープx4
  • モニター用LiPoバッテリー
  • USBチャージャー
  • 受信機用変換コネクター
  • ミニッツ用変換コネクター

別途購入品

  • マイクロSD カード(録画用)

■2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニター
税別11,000円

セット内容

  • 無線カメラユニット
  • モニター
  • KT231P+用アタッチメント
  • EVAクッションテープx4

別途購入品

  • マイクロSDカード(録画用)
  • モニター用LiPoバッテリー
  • 充電器

2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニターは、既存のR/Cモデルに搭載することで飛行(走行)中の映像をモニターで見ながら操縦可能なFPV(First Person View)で、無線カメラとモニターがセットになっている。アマチュア無線の資格がなくても使用可能な2.4GHz帯で、かつ画像の遅延を抑制したFHSS方式を採用(日本の電波法認証取得済み)。また無線カメラは送信ユニットを内蔵しているため、配線は電源に接続し、送信機側にモニターを装着すればドライバー目線でのR/C操縦が可能。

また、“バーチャルみたいだけど実はリアル”なR/Cの世界を具現化し、視覚だけにとどまらない振動、揺れ、傾き、音が体感できる体感型4Dの「KYOAHO RC RIDE-ON SYSTEM 4D EXPERIENCE」を参考出品する。

▶︎京商
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.42 オプティカルセンサーで安定!これトイドローンか?LIVE STYLE Type-1000HD/300HD登場!

小型トイドローンもここ数年でびっくりするくらいの進化を遂げてきました。中でも先日京商よりリリースされた新型LIVE STYLE Type-1000HD/300HDは、飛ばして楽しい... 続きを読む

京商、トイドローン初オプティカルフローセンサー搭載「Type-1000HD」発売

京商株式会社は、トイ製品を取り扱う「京商エッグブランド」よりトイドローン初の“オプティカルフローセンサー”を搭載した「LIVE STYLE Type-1000HD」を発売した。価格... 続きを読む

京商、タケコプターで飛び回る「空とぶドラえもん」を発売

© Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK 対象年齢:10才以上、発売元:株式会社エポック社、販売元:京商株式会社... 続きを読む

[Reviews]Vol.15京商DRONE RACERで簡単FPVを実現!KYOSHO ON-BOARD MONITOR登場!

以前より試作品が公開されていた「KYOSHO ON-BOARD MONITOR」がついに発売になりました。DRONE RACERに簡単にカメラを装着することができ、手元のモニターで... 続きを読む

京商、ドローンに乗る体験ができる「RC RIDE-ON SYSTEM 4D EXPERIENCE」を発表

txt:大前 創希 構成:編集部 京商は2017年9月29日~10月1日、東京ビックサイトにて開催された第57回全日本模型ホビーショーで、ドローンに乗ったような体験が可能な「KY... 続きを読む