Atlas Dynamics、スマート充電ステーションを公開。プラットフォームの性能強化へ [InterDrone2017]

2017-09-27 掲載

Atlas Dynamicsは、米国ラスベガスで開催されたInterDrone 2017にて、Atlas Proドローンプラットフォームの自律有視界外飛行用に開発された充電ステーションAtlas NESTを公開したという。

Atlas NESTは、ドローンが着陸して充電を行うタイプの充電ステーションで、充電中は機体を保護する。これにより遠隔地における有視界外飛行が可能になり、飛行距離も拡大した上、迅速度も増した。Atlas Proが遠隔地において飛行時間延長のため充電を必要とした場合、自らが充電ステーションに向かい充電を行う。任務が完了まで飛行を続けることが可能となった。同社のマーケティング最高責任者Guy Cherni氏は次のようにコメントしている。

Cherni氏:Atlas NESTは単なるドッキングステーションではない。自律飛行が可能なドローンの実現という同社のビジョンに極めて重要な構成要素である。自律飛行可能なドローンの開発ミッション「OS」に加え、Atlas NESTの最終目標は、極めて高度な技術をあらゆる業界の専門家たちが利用できるツールにすることである。もちろんAtlas NESTがもたらす自動化がその目標を実現するための鍵となる。

電動・非電動式としても使用できるAtlas NESTは、Atlasが専門家向け市場に売り出すドローンプラットフォームソリューションの一部でInterDrone 2017にてAtlas Proの性能を実演した。プラットフォームの性能を即応能力、目標地点までの飛行時間短縮を可能にできるよう設計されたAtlas NESTによりAtlas Pro性能がより向上することを実証したという。

Atlas Dynamics

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む