DRONE

エンルートラボ、沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

エンルートラボ、沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

ディープラーニングによる見分け

株式会社エンルートラボは、沖縄県総合防災訓練にてエンルートラボ製のドローンやAI活用の有効性を検証した。

■沖縄県総合防災訓練でのドローン、無人車両活用動画

沖縄県総合防災訓練では、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンの運用においてADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)の情報を運行管理ソフトとリンクさせ、UTM (Unmanned Aerial System Traffic Management)への展開を検証した。今後、ドクターヘリに搭載のIP無線との連携も検討し、複数ドローンの航空管制も行うとしている。

また、上空からのドローン映像から、AI技術(ディープラーニング)を用いてリアルタイムに避難者の人数を数えたり、レスキュー隊員や消防車などの配置を把握する試験も行い、今後は学習データを増やし、さらに高精度なカウントを可能にしていくという。

▶︎enRoute
djimini3pro
Return Top