DJI、インターネットデータ転送なしで飛行可能なプライバシーモードを発表

2017-10-04 掲載

DJIは、機密性の高い確保が求められる政府機関や企業顧客向けに、データのプライバシー保護を強化するため、操縦アプリ「DJI PILOT」からインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を発表した。ローカルデータモードは、DJI PILOTの次回アップデートからCrystalSkyと一部のAndroidタブレットにおいて利用可能となり、同社Webサイトからダウンロード可能。

ローカルデータモードを使用すると、アプリはインターネットでのデータの送受信を停止し、重要なインフラ点検や政府機関のプロジェクトなどの機密性の高い業務に従事する操縦者にセキュリティ保護を提供する。DJIの政策法務担当バイスプレジデントのBrendan Schulman氏は次のようにコメントしている。

Schulman氏:私たちは、DJIの技術を活用し機密性の高い業務を世界中で行っている公的機関や民間の企業顧客を対象に、このローカルデータモードを開発しました。DJIはユーザーの写真や動画、フライトログのプライバシーを確実に保護します。ローカルデータモードにより、データセキュリティを強化したいユーザーの皆様に、さらなる安心を提供します。

ローカルデータモードは、インターネットでの全てのデータ通信を停止するため、DJI PILOTはユーザーの位置情報の検知、飛行禁止エリアや一時的な飛行制限のある地域など、ジオフェンシング情報や地図情報が表示できないほか、ファームウェア更新の通知も行われない。ローカルデータモードの解除中は高度や距離、速度などの飛行ログのテレメトリデータは機体に保存される。ローカルデータモードの使用にかかわらず、ユーザーが撮影した写真や動画は、常に機体に挿入されているSDカードに保存され、ユーザーがオンラインでSkyPixelコミュニティー、SNSやその他のWebサイトへアップロードを選択した場合のみシェアされる。

ローカルデータモードを使用する際、操縦者は飛行操作の安全性に対する全ての責任を負う。ローカルデータモード使用中はインターネットに接続できないため、インターネット接続を前提とした機能全般が使用不可となり、慎重な操作が求められる。ローカルモードはDJI PILOTから「Activate LDM Mode」を選択し、パスワードを入力して使用可能。パスワードはローカルデータモードを解除して、インターネットに接続する際にも必要となる。

DJIの機体を購入直後は、DJIアカウントへログイン後にアクティベートが必要。機体を最新ファームウェアに更新する際はインターネット接続中に最新ファームウェアをダウンロードして更新し、その後ローカルデータモードを再びオンにする。DJI技術基準部門ディレクター、Walter Stockwell氏は次のようにコメントしている。

Stockwell氏:DJIはユーザーの期待に応えるべく、より強化されたデータ管理オプションであるローカルデータモードを開発しました。私たちはお客様の情報を保護する取り組みの一環として、このローカルデータモードを開発できたことを、大変嬉しく思います。

なお、インターネット接続が必要な場所や、現地の法令や規則で飛行が規制されている場所では、ローカルデータモードを使用できない場合がある。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「DJIドローン飛行申請サポートセミナー(空港周辺編)」を開催

株式会社システムファイブは、2017年11月29日(水)に「DJIドローン飛行申請サポートセミナー(空港周辺編)」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集結する次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」への募集を開始

DJIは、同社が主催するロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」への参加募集を開始した。 毎年開催されるROBOMASTERは、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エン... 続きを読む

DJI、Mavicシリーズ「Mavic Pro Alpine White」をDJI公式オンラインストア、Apple Storeで限定発売

DJIは、Apple.com、Apple Store、DJI公式オンラインストアでの限定版「Mavic Pro Alpine Whiteコンボ(アルペンホワイト)」を発売した。機体... 続きを読む

DJI、ディベロッパー集うカンファレンス開催 [DJI AIR WORKS]

今回で2回目となるDJI AIR WORKSが11月7日から3日間、コロラド州デンバーで開催された。DJI AIR WORKSは、いわゆるDJIユーザーやディベロッパーのカンファレ... 続きを読む

DJI、企業向けにドローン業務を効率的に管理する「FlightHub」を発表

DJIは、企業やドローンサービスのプロバイダーを対象に、単一プラットフォームでドローンの効率的な業務管理を提供する「FlightHub」を発表した。FlightHubはベーシック、... 続きを読む