次なるビジネスの要、測量や精密農業に欠かせない位置情報向機器やソリューションに注目 [Commercial UAV EXPO2017]

2017-10-30 掲載

2017年10月24日から3日間、今年で2回目となるCommercial UAV EXPOがラスベガスにあるウェストゲートホテルにて開催された。

先々週のラスベガス銃乱射事件の影響もあり、展示会場に入る前には金属探知機が設置されセキュリティが荷物チェックを行なっている。会期中は構造物検査に関するものや精密農業に関するものなど様々なセッションが行われており、活発に意見交換が行われていた。

会場内の展示ではGPS、RTKなど測量や精密農業に欠かせない位置情報向けの機器やソリューション展示も多く、そのほかには画像解析による送電線、鉄塔の検査ソフトやマルチスペクトル解析による農場管理ソリューションなどが多く展示されていた。

コンシューマー向けドローンで有名なParrotは精密農業向けドローンPARROT BLUEGRASSを発表。14MP、Full HD 1080pビデオカメラとマルチスペクトルカメラのSequoiaを搭載。25分の飛行時間で約30ヘクタールをカバーできるとしている。

高性能なライダーでお馴染みのRIEGLは送電線やパイプライン、高速道路や線路など向けにRIEGL miniVUX-1DLを展示していた。この機種はこれまで360°にレーダーを発射していたものを下向きに発射することによって小型化されている。

今月初旬にサンノゼで開催されたDrone World EXPOがCommercial UAV EXPOに合流というニュースも発表され、いよいよ本格的にドローンが産業利用され始めていることを感じられる展示会であった。

関連する記事

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用... 続きを読む

Parrot新型産業用 「ANAFI USA」日本国内展開開始、KMTが取り扱い

KMT株式会社は、6月30日に発表されたエンタープライズ向けドローン「Parrot ANAFI USA」の日本における販売・サポートを開始する。 ▶︎P... 続きを読む

Parrot、エンタープライズ向け新ドローンANAFI USA発表

Parrotの次世代ドローンは、32倍ズーム、赤外線サーマルカメラ、頑丈な機体、高度なデータセキュリティを盛り込んだ産業向けANAFI USAだ。 かつて、3DR、DJIと御... 続きを読む

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう... 続きを読む

[Report Now] DJI Mavic Air 2はどのように生まれたのか?コロナ禍での開発秘話を聞く

DJI Mavic Air 2開発の裏で こう来たか!と毎度DJIの製品には驚かされてばかりだ。Mavic Air 2は、4Kビデオを最大60 fpsかつ120 Mbpsで撮影で... 続きを読む