国内最大級のドローン複合施設「ドローンフィールドKAWCHI」がオープン!

2017-11-10 掲載

株式会社アイ・ロボティクスは、茨城県稲敷郡河内町に24時間365日利用可能な研究開発施設と、最長10kmのテストフィールド、カンファレンス施設などが一体となった総合複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」を2017年11月27日よりオープン、運営する。

ドローンフィールドKAWACHIは都心から80分、成田空港から20分の立地にあり、10kmの屋外飛行場、屋内実証実験場、研究開発施設、カンファレンスセンター、宿泊施設などを備えたドローンに関わる人・モノ・テクノロジー・インテリジェンスを集約する総合複合施設。

世界では、各産業分野の大手企業とAI、通信、電池など専門的な要素技術ベンチャーなどを同居させた集積地が生まれつつあるが、日本国内ではラボとテストフィールドの物理的な距離が離れており、スピーディーな開発が困難で、ドローン産業は世界の後塵を拝している。各領域の専門技術者が開発に専念する環境を求め、ドローンフィールドKAWACHIは誕生した。

ドローンフィールドKAWACHI

■コンセプト
  • 技術開発をスピーディーに、もっと気軽に
  • 「集積」と「共創」によるイノベーションの場

エリアマップ

特長

■ドローン・ラボ

旧中学校の教室をリノベーションし、契約企様向けにラボの貸し出しを行う。警備会社に委託し、セキュリティ面を担保、またバッテリーの保管専用倉庫を用意し、防災面での安全性を高めるとしている。工作機械の設置も可能で、振動、騒音の出る作業も可能(※要相談)。

■研究所やカンファレンス施設と直結したテストフィールド

従来ドローン産業の技術開発では、都心で開発→地方でテストフライト→都心で分析/改良とタイムロスがあった。ドローンフィールドKAWACHIは、ラボ直結での屋外飛行エリアを完備している。

■最長10km・24時間365日使用可能なフライトエリア

片道5km、往復10kmのフライトが可能な環境で24時間365日使用可能。雨天でもテスト可能な屋内施設も完備しているほか、町営施設を活用したカンファレンスの開催が可能。

■至近なアクセス

首都圏から80分、成田空港から20分程の好立地にあり国内の企業だけでなく、海外の研究機関や企業との交流や連携が行いやすい。

▶︎ドローンフィールドKAWACHI

関連する記事

アイ・ロボティクス、「COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107」における商業用・産業用ドローンの動向をまとめた調査レポートを無料配布

株式会社アイ・ロボティクスは、2017年6月20日から22日にベルギー・ブリュッセルにて開催された「COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107」の商業用・産業用ドロ... 続きを読む

山岳救助隊がドローンを本格投入。アイ・ロボティクスが捜索に参加

実際のドローン捜索時のドローンによる画像 株式会社アイ・ロボティクスは、2017年6月17、18日の2日間「日本山岳救助機構合同会社(通称:jROジロー)」の依頼を受けた「日... 続きを読む

アイ・ロボティクス、ドローンファンドへの参加と高高度常駐型ドローンによる新物理インフラ構想「SKYPROBE」を公表

株式会社アイ・ロボティクスは、投資家である千葉功太郎氏を中心とした「ドローンファンド」に加わるとともに、高高度常駐型ドローンによる新物理インフラ「SKYPROBE」の構想を公表した... 続きを読む

アイ・ロボティクス、「24時間航行可能なドローン」のコンセプトを発表 [SLUSH TOKYO]

アイ・ロボティクス社 COO 小関賢次氏 株式会社アイ・ロボティクスは、2017年3月29日と30日の二日間、東京国際展示場で開催されているベンチャー企業の祭典「Slush To... 続きを読む