DJI、世界中の学生エンジニアが集結する次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」への募集を開始

2017-11-21 掲載

DJIは、同社が主催するロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」への参加募集を開始した。

毎年開催されるROBOMASTERは、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニアが世界中から参加し、チーム単位競い合うロボットコンテスト。サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博すとともに、観衆の目の前で繰り広げられる決勝ラウンドは、誰もが楽しめるエンターテインメントとなっている。ROBOMASTER 2017の決勝ラウンドは、81万4千人以上の視聴者がTwitch.tvで観戦した。

同コンテストに参加するチームは学生および担当教員から構成され、学生以外もアドバイザーとしてチームへの参加が可能。ROBOMASTERでは、参加チームを技術面および資金面で支援するという。プロポーザル・ステージを通過し、2次ステージへ進んだチームには最大1,500米ドルが支給されるほか、2018年の優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと75,000米ドルが授与されるという。詳細は同イベント案内ページ(英語のみ)より。DJIバイスプレジデントのPaul Xu氏は次のようにコメントしている。

Xu氏:DJIの情熱は、革新的なドローン技術を開発することだけに注がれているわけではありません。DJIは若いエンジニアに、自分たちの才能を世界中に披露する機会を提供したいと考えています。ロボット・エンジニアリングが私たちの生活に与えることのできるインパクトと、その創造性溢れる技術を、世界中に披露して欲しいと思っています。ROBOMASTERは、中国のエンジニアのコミュニティだけでなく、多くの国でも人気が高まってきています。DJIは、2018年のROBOMASTERを本格的なグローバルコンテストにしたいと考えており、世界中から才能あふれるエンジニアチームを招き、お互いに学ぶ機会を提供し、スキルを試して頂きたいです。

2017年のコンテストでは、中国、アジア諸国、米国、英国、ドイツなど200の大学から7,000人以上の学生が参加した。98チームが2回戦の一次予選を通過し、32チームが中国の深センでの決勝ラウンドに進出した。ロボット研究家でPenn Engineeringの学部長であるVijay Kumar博士は次のようにコメントしている。

Kumar博士:聡明で才能豊かな学生たちが、ロボット工学の分野で独自のアイディアを開発し、ロボット工学や航空技術の発展のために最新技術を駆使するプロジェクトに没頭する姿を見ることができる素晴らしい機会でした。そして、ここにいる学生たちは、私たちの未来の象徴なのだと感じました。

RoboMaster
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」とコラボ。 日本の四季を捉えた空撮作品や SkyPixel作品を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社は、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を2018年4月26日(木)から2018年5月5日(土)まで渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 20... 続きを読む

[Reviews]Vol.19 トイドローンの完成形現る。DJIとIntelの技術を積んだ「Tello」の実力はいかに!?

改正航空法対象外の重量80gという軽量ながらDJIとIntelの技術協力のもと開発された「Tello(テロー)」。発売はDJIではなくRyseTech社(中国)。とはいえ、DJIの... 続きを読む

DJI、DJI FORCE PRO発表〜カメラを直感的に遠隔操作 [NABshow2018]

DJIは、NAB Show 2018で、新しい映像制作ツール「DJI FORCE PRO」を発表した。Force Proとは、DJIの「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応し... 続きを読む

DJI、高精度ジンバルシステムMASTER WHEELSを発表〜3方向を正確にコントロール [NABshow2018]

DJI は、NAB Show 2018で新しい映像制作ツール「DJI MASTER WHEELS」を発表した。ジンバルの高精度な制御を可能にし、複雑なシーンでもシネマ品質の映像を容... 続きを読む

DJI、Zenmuse X7のApple ProRes RAW対応を発表

DJIは、同社の空撮用Super 35mmデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」がファームウェアアップデートにより、Apple ProRes RAWに対応することを発表した。... 続きを読む