DJI、産業用ドローンプラットフォームを東海地方の3自治体で防災や捜索救助に試験運用

2017-12-08 掲載

日本は地震や台風、洪水、干ばつなどの自然災害に晒されるリスクが世界で4番目に高いと言われている。静岡県焼津市危機対策課、愛知県豊川市防災対策課と志太消防本部は、自然災害などに起因する捜索救助に活用に、DJI 産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。

■DJI EnterpriseSolutions 「Reinventing Emergency Response

焼津市危機対策課は、2015年6月に「DJI PHANTOM 3 PRO」を導入。現在は上位機種である「INSPIRE 2」を含めた4機を運用中。さらに今回防滴・防塵加工の「MATRICE 200」を導入。悪天候下でも上空から状況把握できるため、捜索救助などの災害対応にとって非常に有益なツールと言える。

静岡県焼津市と藤枝市の2市を管轄する志太消防本部は、消防活動とともに水難救助活動対応を行っている。今回試験運用した「MATRICE 210」及び赤外線カメラ「ZENMUSE XT」により、火災で視界制限される現場においても要救助者や火災元の特定や、また、広大な海上においても、漂流している要救助者の効率的な捜索が期待されるという。

愛知県豊川市防災対策課は、風水害対策とともに南海トラフ地震への対応を目的として、2017 年 4月より「INSPIRE 2」と「PHANTOM 4 PRO」を導入し、職員で実働体制を整備。今回、30 倍光学ズームと6倍デジタルズームを搭載した空撮カメラ「ZENMUSE Z30」を試験運用。上空での接触や墜落などの二次災害の心配なく、捜索活動を行う。

また、長距離飛行が求められる津波災害対応において、ドローンの自動飛行を制御、計画するソフトウェア「GROUND STATION PRO(GS PRO)」のオートパイロット機能活用で、長時間、長距離に渡る飛行も効率的かつ安全な情報収集が可能になった。

活用製品:
  • DJI MATRICE 200 シリーズ
  • DJI ZENMUSE Z30
  • DJI ZENMUSE XT
  • DJI GS PRO
  • ▶︎DJI
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

    DJIは、センチメートル単位でのナビゲーションと測位を可能にする測量用の高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表した。Phantom 4 RTKは、測量調査の効率性と正確... 続きを読む

    システムファイブ、「DJI New Pilot Experience~はじめてのドローン飛行体験セミナー」を開催

    株式会社システムファイブは、2018年10月22日(月)に「DJI New Pilot Experience~はじめてのドローン飛行体験セミナー」を開催する。会場は埼玉県・さいたま... 続きを読む

    DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

    InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

    DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校。産業分野への教育

    DJIは、2018年9月7日に個人や企業に所属するドローン操縦者が、ドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニング... 続きを読む

    [Reviews]Vol.24 あなたならどうする?MAVIC 2 PRO VS MAVIC 2 ZOOM 〜圧倒的性能を徹底評価

    先週よりDJI MAVIC 2シリーズのデリバリーも開始され、この週末にフライトを楽しんだユーザーも多いのではないだろうか。編集部にも届いたので、先日のDJI主催体験会よりも一歩踏... 続きを読む