DJI、産業用ドローンプラットフォームを東海地方の3自治体で防災や捜索救助に試験運用

2017-12-08 掲載

日本は地震や台風、洪水、干ばつなどの自然災害に晒されるリスクが世界で4番目に高いと言われている。静岡県焼津市危機対策課、愛知県豊川市防災対策課と志太消防本部は、自然災害などに起因する捜索救助に活用に、DJI 産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。

■DJI EnterpriseSolutions 「Reinventing Emergency Response

焼津市危機対策課は、2015年6月に「DJI PHANTOM 3 PRO」を導入。現在は上位機種である「INSPIRE 2」を含めた4機を運用中。さらに今回防滴・防塵加工の「MATRICE 200」を導入。悪天候下でも上空から状況把握できるため、捜索救助などの災害対応にとって非常に有益なツールと言える。

静岡県焼津市と藤枝市の2市を管轄する志太消防本部は、消防活動とともに水難救助活動対応を行っている。今回試験運用した「MATRICE 210」及び赤外線カメラ「ZENMUSE XT」により、火災で視界制限される現場においても要救助者や火災元の特定や、また、広大な海上においても、漂流している要救助者の効率的な捜索が期待されるという。

愛知県豊川市防災対策課は、風水害対策とともに南海トラフ地震への対応を目的として、2017 年 4月より「INSPIRE 2」と「PHANTOM 4 PRO」を導入し、職員で実働体制を整備。今回、30 倍光学ズームと6倍デジタルズームを搭載した空撮カメラ「ZENMUSE Z30」を試験運用。上空での接触や墜落などの二次災害の心配なく、捜索活動を行う。

また、長距離飛行が求められる津波災害対応において、ドローンの自動飛行を制御、計画するソフトウェア「GROUND STATION PRO(GS PRO)」のオートパイロット機能活用で、長時間、長距離に渡る飛行も効率的かつ安全な情報収集が可能になった。

活用製品:
  • DJI MATRICE 200 シリーズ
  • DJI ZENMUSE Z30
  • DJI ZENMUSE XT
  • DJI GS PRO
  • ▶︎DJI
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

    DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む

    DJI、1月23日新製品発表! “Adventure Unfolds” 何が出てくるのか??

    CES2018でTelloが発表され今回もDJIドローン新製品は見送りとなった。その矢先1月23日(現地時間)ニューヨークでメディア向けに新製品発表会が開催されるという。 小型ト... 続きを読む

    RYZE Robotics、そのベールを脱ぐTello!会場でも大人気 [CES2018]

    CES2018開催前にドローン界隈で話題を集めたのが小型トイドローンTello。しかしながらドローンマーケットゾーンに君臨するDJIブースにはTelloの姿は無し。まさかの誤報... 続きを読む

    システムファイブ、DJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」開催迫る!

    株式会社システムファイブ主催のDJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」の開催が1月23日、24日に迫っている。会場は23日が東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナー... 続きを読む

    パーソルテクノロジースタッフがdoと業務提携し、「ドローン人材派遣サービス」を開始

    総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社は、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone... 続きを読む