わずか86g、手のひらドローン「Kudrone」いよいよ国内発売決定

2017-12-11 掲載

「Kudrone」は、クラウドファンディングサービス米Indiegogoでの目標金額の5万ドルを瞬時に突破し、最終的には2457%を突破し製品化が決定。GPSとジャイロセンサーによる自動飛行機能と4Kカメラを搭載。

本体重量は86グラム。本体に加え、予備のプロペラ、バッテリーなどがセットになっている。今年夏発売予定で遅れていた「Kudrone」だが、ソフトバンク コマース&サービス株式会社からいよいよ12月13日から国内発売が決定した(技適取得済)。ちなみに参考標準価格25,370円(税抜)

4K解像度動画や800万画素(3280×2464ピクセル)の写真撮影が可能。また、オプティカルフローセンサー、超音波センサー、電子コンパス、3軸加速度計、気圧計などのセンサーシステムと、GPS/GLONASSの位置情報システム採用で室内、屋外を問わずホバリングが安定し、屋外では設定したターゲットを自動追従で撮影可能。

本体重量 約86g(バッテリー込み)
本体サイズ 174×174×43mm
最高飛行高度 約30m
最長飛行時間 約8分
位置情報システム GPS/GLONASS
コントロール距離 ~約50m
バッテリー リチウムポリマー充電池、650mAh、3.7V
カメラ CMOS 1 / 3.2
レンズ F2.8 水平画角100 度、垂直画角78.5 度、対角画角120 度
静止画解像度 3280×2464 ピクセル
動画解像度 4K/1080p/720p
保存フォーマット JPG/MP4
対応ストレージ マイクロSD カード(最大32GB)※マイクロSD カードは別売
対応OS iOS8 以上/Android 4.0.3 以上
その他機能 地磁気コンパス、超音波センサー、GPS、画像ポジションセンサー、 オートホバリング

関連する記事

HAPSMobile社、ハワイ上空の成層圏における飛行許可を取得

Softbank子会社のHAPSMobile社は、成層圏における遠距離通信基盤システムを提供するにあたり、2019年4月にリリースされた太陽光発電による無人航空機「HAWK30」を... 続きを読む

KUDRONE、パワーアップした「KUDRONE V」を発表 [CES2018]

昨年クラウドファンディングの米Indiegogoでの目標金額の5万ドルを瞬時に突破し、最終的には2457%を突破し製品化したKUDRONEがパワーアップした新製品をCES2018で... 続きを読む

Airblockを使用した「ドローンプログラミング講座」の第2弾を福島県で開催

前回の様子 学校法人岩崎学園情報科学専門学校とソフトバンクコマース&サービス株式会社は、2017年11月9日に福島県二本松市で中学生向けの「ドローンプログラミング講座」を開催... 続きを読む

ヴェルテ、ソニー製4Kカメラを搭載した手のひらドローン「Kudrone」の国内販売予約を開始…

キュレーションセールスのヴェルテは、手のひらサイズでソニー社製4Kカメラを搭載した超小型ドローン「Kudrone」の予約受付開始を発表した。出荷開始は2017年7月を予定している。... 続きを読む

この秋発売DOBBYが日本初上陸「SoftBank World 2016」でお披露目

いつ日本で手に入るのですか?という声が編集部にも多く寄せられるが、いよいよ待望のDOBBYが国内でも販売されることが決定した。この秋(10月頃を目処に)全国でお目にかかれそうだ。 ... 続きを読む