DJI、85gのトイドローンTello発表!価格は$99 [CES2018]

2018-01-09 掲載

DJIが、200g以下の小型ドローンの登場が噂されていたがいよいよトイドローンDJITelloが登場する。厳密にはDJIではなく、Ryze Robotic社が提供する。Zerotech社のDobbyに対抗する商品をいずれローンチすると聞いていたが、これに当たるのかもしれない。重量は85gとParrot社Mamboに近い。飛行時間は13分、HDカメラを実装している。面白いのはSDKやプログラム学習によってカスタマイズできることだ。

詳細は明日(1月9日米国時間)から始まるCES2018で展示されるので追ってお伝えしていきたい。

▶︎Ryze Robotics
[Category:]
[TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJIは、センチメートル単位でのナビゲーションと測位を可能にする測量用の高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表した。Phantom 4 RTKは、測量調査の効率性と正確... 続きを読む

システムファイブ、「DJI New Pilot Experience~はじめてのドローン飛行体験セミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2018年10月22日(月)に「DJI New Pilot Experience~はじめてのドローン飛行体験セミナー」を開催する。会場は埼玉県・さいたま... 続きを読む

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表。Tello専用コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始

株式会社ORSOは、iOS向けに配信中のドローンプログラミングを学べるスマートフォンアプリ「DRONE STARプログラミング」にて、新たに「ドローン学びの教材シリーズ」を発表した... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校。産業分野への教育

DJIは、2018年9月7日に個人や企業に所属するドローン操縦者が、ドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニング... 続きを読む