DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

2018-01-17 掲載

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。

DJIの3軸ジンバルテクノロジーにより、滑らかで手ブレのない動画や明瞭な写真の撮影ができるとしている。ジンバルモーターは、キヤノンの5Dシリーズ、パナソニックのGHシリーズ、ソニーのαシリーズなどのカメラやレンズの組み合わせに対応。

Ronin-Sは、カメラのタイプにあわせてサポートする2種類のフレームサイズを提供。新しく搭載した「Push Mode」を有効にすると、パン軸とチルト軸を手動で調整でき、セットアップがスピーディになり、設定時間を短縮可能。また、ホットスワップバッテリー搭載により、電源を落とすことなくより長時間の撮影が行える。

スムーズトラック技術を搭載しており、片手操作でも撮影者の動きを読み取り、スムーズかつ容易にカメラアングルを変更することができる。カメラとジンバル専用のコントロールボタンで、スムーズトラック設定やカメラの録画開始と停止の切り替えが可能。また、ジョイスティックでカメラの位置を変更し、最適な構図で撮影できるという。より素早い動きに対応するため、新しくなった「Sport Mode」を搭載。素早く移動する被写体の撮影に対応する。

DJI Roninモバイルアプリの「Harness Intelligent Shooting」モードを使用することで、「Panorama」「Hyperlapse」「Track」「CamAnchor」などのカメラの動きを自動的に作成可能。

DJI Focusコマンドユニットをアクセサリードックに取り付けることで、標準ハンドル操作時に、フォーカスコントロール可能に

Ronin-Sは、ラジコンバギーに装着し、ローアングルでの撮影や、ジブに取り付けて広角映像を撮影できる。モバイルデバイスやカーマウントソリューション、DJI Master Force、DJI Master Wheels、外付けフォーカスモーター、チーズプレートアダプターや使い慣れたサードパーティ製のアクセサリーも使用できる。さらなる安定性が必要な場合は、デュアルハンドルサポートでの使用も可能。

▶︎RONIN-S
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

セキド、DJI認定ストアを虎ノ門にオープン。専任のコンサルタントがサポートする、ドローン体験型総合施設

DJI社の正規代理店である株式会社セキドは、DJI認定ストア/ビジネスラウンジ/セミナールーム備えた「セキド虎ノ門」のオープンを発表した。 ドローンによるインフラ管理の効率... 続きを読む

DJI、2019年に新社屋完成。手掛けるのはApple新社屋を手がけたFoster+Partners

現在DJI本社に日本のメディアで初訪問したのがDRONE.jp。それからはや3年。新社屋の噂を聞きつつもようやく新社屋の全貌が明らかとなった。 2019年完成を目指し目下、中国深... 続きを読む

DJI、Microsoftとドローンの企業向け活用に関するパートナーシップを発表

Microsoft Build Conference 2018 Microsoft社 Azure IoT担当 Sam Geroge氏によってこのパートは進められた DJIは、... 続きを読む

DJI、人命救助事例のレポートを発表。2017年は65名の人命救助にドローンを活用

DJIは、ドローンの人命救助に関するレポートを2018年5月2日に発表し、その中で2017年には少なくとも65名の人命救助にドローンが活用されていることを発表した。同レポートには、... 続きを読む

DJI、EENAアワード受賞、ドローンがアイスランドで人命救助

ブリュッセルに拠点を置く保安NGO、欧州エマージェンシー・ナンバー・アソシエーション(EENA)と、民生用ドローンメーカーであるDJI社が今日、複雑な救助活動における、ドローンの人... 続きを読む