DJI、Ronin-S発表!初のDSLR片手用スタビライザ [CES2018]

2018-01-17 掲載

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。

DJIの3軸ジンバルテクノロジーにより、滑らかで手ブレのない動画や明瞭な写真の撮影ができるとしている。ジンバルモーターは、キヤノンの5Dシリーズ、パナソニックのGHシリーズ、ソニーのαシリーズなどのカメラやレンズの組み合わせに対応。

Ronin-Sは、カメラのタイプにあわせてサポートする2種類のフレームサイズを提供。新しく搭載した「Push Mode」を有効にすると、パン軸とチルト軸を手動で調整でき、セットアップがスピーディになり、設定時間を短縮可能。また、ホットスワップバッテリー搭載により、電源を落とすことなくより長時間の撮影が行える。

スムーズトラック技術を搭載しており、片手操作でも撮影者の動きを読み取り、スムーズかつ容易にカメラアングルを変更することができる。カメラとジンバル専用のコントロールボタンで、スムーズトラック設定やカメラの録画開始と停止の切り替えが可能。また、ジョイスティックでカメラの位置を変更し、最適な構図で撮影できるという。より素早い動きに対応するため、新しくなった「Sport Mode」を搭載。素早く移動する被写体の撮影に対応する。

DJI Roninモバイルアプリの「Harness Intelligent Shooting」モードを使用することで、「Panorama」「Hyperlapse」「Track」「CamAnchor」などのカメラの動きを自動的に作成可能。

DJI Focusコマンドユニットをアクセサリードックに取り付けることで、標準ハンドル操作時に、フォーカスコントロール可能に

Ronin-Sは、ラジコンバギーに装着し、ローアングルでの撮影や、ジブに取り付けて広角映像を撮影できる。モバイルデバイスやカーマウントソリューション、DJI Master Force、DJI Master Wheels、外付けフォーカスモーター、チーズプレートアダプターや使い慣れたサードパーティ製のアクセサリーも使用できる。さらなる安定性が必要な場合は、デュアルハンドルサポートでの使用も可能。

▶︎RONIN-S
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

RoboMaster 2020日本予選「RoboMaster 2020 Japan Open」3月開催

ニワカソフト株式会社が運営するRoboMaster日本委員会は、2020年3月20~22日の期間中「RoboMaster 2020 Japan Open」を開催する。場所はけいはん... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

Namu tech、プラットフォーム「Cocktail Cloud 4.0」発表 [CES2020]

ドローンは、ハードウェア、ソフトウェアと2つの最新技術が実を結び、驚くべき速度で進化を遂げている。またインフラ(来たるべき5Gなど)やクラウド(AIやブロックチェーンなど)などのサ... 続きを読む

DJI、「Let’s Fly! 初めての空飛ぶカメラ」をテーマにドローンの空撮・飛行体験イベントを名古屋で初開催

DJI JAPAN 株式会社は、「Let’s Fly! 初めての空飛ぶカメラ」をコンセプトとしたドローン操縦体験イベントを全国で開催しており、1月末の大阪会場に続き、第2回目となる... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む