ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」

2018-01-30 掲載

いまいちどこで飛行可能なのか?わかりずらいのがドローンの世界。そんな困りごとを解決してくれるアプリが登場した。それが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかをチェック可能なスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」だ。。

日本国内でドローンを飛行させる場合、たい空域が航法の許可必要かどうを事前に調べる必要がある。ドローン飛行チェックアプリは、国土交通省定める人口集中地区( DID )、 空港や ヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、 スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べるアシスト機能が売りだ。

また、航空法 123条その2に記載されている、「 [1]日中(の出から没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうがわる機、現在飛行可能かどうがわる機能も備えている。

「ドローン飛行 チェックアプリ チェックアプリ 」は 現在日本語のみに対応だが、今後英語をはじめとした多言化対応も予定されている。

「ドローン飛行チェックアプリ」は以下のエリアの確認するアシスト機能を搭載

  • 1)航空法上飛行可能エリア
  • 2)人口集中地区(DID地区)
  • 3)空港等の周辺
  • 4)DJI GOアプリ使用不可地区
  • また、日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も実装。

    ▶︎do japan 株式会社
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、空中写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」を発表

    DJI JAPAN株式会社と株式会社トプコンは、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、標定点を不要とし、大幅な省力化を実現する空中写真測量システム「TSトラッキングU... 続きを読む

    静岡市清水区にクリエイティブ向けドローンスクールが7月開校。受講生の募集を開始

    日本ロボット株式会社は、2018年7月3日に「ドローンセンター静岡」を2018年7月3日に東海テクノ株式会社内にて開校した。開校にあたり受講者の募集も開始している。 ドロ... 続きを読む

    DJIプロデュースのアニメ「ロボマスターズ」のBlu-rayが発売。描きおろしアウターケースなどの特典あり

    © RoboMasters ファミリー向けアニメコンテンツを中心に展開する株式会社ダンデライオンアニメーションスタジオは、製作に3年を費やし2017年に放送・配... 続きを読む

    DJI、「ソラタビwith MAVIC AIR」キャンペーンを実施

    DJI JAPAN株式会社は、“ドローン空撮で、旅の思い出がもっと楽しくなる”をコンセプトに、静岡県の浜松市と神奈川県の葉山町を舞台に新しい旅のスタイルをDJIが提案する「ソラタビ... 続きを読む

    システムファイブ、「Matrice 210RTK+Zenmuse XT2 産業用ドローン飛行実演セミナー」を開催

    株式会社システムファイブは、2018年7月19日(木)に「Matrice 210RTK+Zenmuse XT2 産業用ドローン飛行実演セミナー」を開催する。会場は埼玉県さいたま市に... 続きを読む