ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」

2018-01-30 掲載

いまいちどこで飛行可能なのか?わかりずらいのがドローンの世界。そんな困りごとを解決してくれるアプリが登場した。それが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかをチェック可能なスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」だ。。

日本国内でドローンを飛行させる場合、たい空域が航法の許可必要かどうを事前に調べる必要がある。ドローン飛行チェックアプリは、国土交通省定める人口集中地区( DID )、 空港や ヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、 スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べるアシスト機能が売りだ。

また、航空法 123条その2に記載されている、「 [1]日中(の出から没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうがわる機、現在飛行可能かどうがわる機能も備えている。

「ドローン飛行 チェックアプリ チェックアプリ 」は 現在日本語のみに対応だが、今後英語をはじめとした多言化対応も予定されている。

「ドローン飛行チェックアプリ」は以下のエリアの確認するアシスト機能を搭載

  • 1)航空法上飛行可能エリア
  • 2)人口集中地区(DID地区)
  • 3)空港等の周辺
  • 4)DJI GOアプリ使用不可地区
  • また、日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も実装。

    ▶︎do japan 株式会社
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」とコラボ。 日本の四季を捉えた空撮作品や SkyPixel作品を国内初展示

    DJI JAPAN 株式会社は、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を2018年4月26日(木)から2018年5月5日(土)まで渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 20... 続きを読む

    [Reviews]Vol.19 トイドローンの完成形現る。DJIとIntelの技術を積んだ「Tello」の実力はいかに!?

    改正航空法対象外の重量80gという軽量ながらDJIとIntelの技術協力のもと開発された「Tello(テロー)」。発売はDJIではなくRyseTech社(中国)。とはいえ、DJIの... 続きを読む

    DJI、DJI FORCE PRO発表〜カメラを直感的に遠隔操作 [NABshow2018]

    DJIは、NAB Show 2018で、新しい映像制作ツール「DJI FORCE PRO」を発表した。Force Proとは、DJIの「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応し... 続きを読む

    DJI、高精度ジンバルシステムMASTER WHEELSを発表〜3方向を正確にコントロール [NABshow2018]

    DJI は、NAB Show 2018で新しい映像制作ツール「DJI MASTER WHEELS」を発表した。ジンバルの高精度な制御を可能にし、複雑なシーンでもシネマ品質の映像を容... 続きを読む

    DJI、Zenmuse X7のApple ProRes RAW対応を発表

    DJIは、同社の空撮用Super 35mmデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」がファームウェアアップデートにより、Apple ProRes RAWに対応することを発表した。... 続きを読む