ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」

2018-01-30 掲載

いまいちどこで飛行可能なのか?わかりずらいのがドローンの世界。そんな困りごとを解決してくれるアプリが登場した。それが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかをチェック可能なスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」だ。。

日本国内でドローンを飛行させる場合、たい空域が航法の許可必要かどうを事前に調べる必要がある。ドローン飛行チェックアプリは、国土交通省定める人口集中地区( DID )、 空港や ヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、 スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べるアシスト機能が売りだ。

また、航空法 123条その2に記載されている、「 [1]日中(の出から没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうがわる機、現在飛行可能かどうがわる機能も備えている。

「ドローン飛行 チェックアプリ チェックアプリ 」は 現在日本語のみに対応だが、今後英語をはじめとした多言化対応も予定されている。

「ドローン飛行チェックアプリ」は以下のエリアの確認するアシスト機能を搭載

  • 1)航空法上飛行可能エリア
  • 2)人口集中地区(DID地区)
  • 3)空港等の周辺
  • 4)DJI GOアプリ使用不可地区
  • また、日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も実装。

    ▶︎do japan 株式会社
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、平昌オリンピック期間中飛行禁止区域設置へ

    絶賛開催中の平昌オリンピックだが、DJIはソフトウェアアップデートを推進し、韓国のいくつかの場所で一時的な飛行禁止区域を設置した。 ドローン産業をリードするDJIからの発... 続きを読む

    DJI 、CP+ 2018 に MAVIC AIRとRONIN-Sを出展 [CP+2018]

    DJI JAPANは、2018年3月1日(木)から4日(日)までの4日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2018(シーピープラス)」 に出展し、今年1月に発表したコンパクト4... 続きを読む

    DJI、AUVSI XPONENTIAL2018「Humanitarian Awards」に協賛 [XPONENTIAL2018]

    無人化技術を活用した人命救助や健康・環境の向上などの人道的活動を募集 DJIは、 AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems I... 続きを読む

    DJI、SkyPixel 2017年度空撮写真コンテスト「SkyPixel 2017 Photo Contest」のグランプリを発表。応募総数約44,000作品

    DJIが運営する空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、2017年度の空撮写真コンテスト「The 2017 SkyPixel Photo Conte... 続きを読む

    [Reviews]Vol.17 日本最速フライトレビュー!究極のモバイルドローンDJI MAVIC AIRの真価を見た!(後編)

    行こうぜ!空の向こうへ! MAVIC AIR 日本最速フライトレビュー! 前回のレビューから間を空けずに今回もMAVIC AIRのレビュー後編である。 ▶︎[Revie... 続きを読む