ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」

2018-01-30 掲載

いまいちどこで飛行可能なのか?わかりずらいのがドローンの世界。そんな困りごとを解決してくれるアプリが登場した。それが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかをチェック可能なスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」だ。。

日本国内でドローンを飛行させる場合、たい空域が航法の許可必要かどうを事前に調べる必要がある。ドローン飛行チェックアプリは、国土交通省定める人口集中地区( DID )、 空港や ヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、 スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べるアシスト機能が売りだ。

また、航空法 123条その2に記載されている、「 [1]日中(の出から没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうがわる機、現在飛行可能かどうがわる機能も備えている。

「ドローン飛行 チェックアプリ チェックアプリ 」は 現在日本語のみに対応だが、今後英語をはじめとした多言化対応も予定されている。

「ドローン飛行チェックアプリ」は以下のエリアの確認するアシスト機能を搭載

  • 1)航空法上飛行可能エリア
  • 2)人口集中地区(DID地区)
  • 3)空港等の周辺
  • 4)DJI GOアプリ使用不可地区
  • また、日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も実装。

    ▶︎do japan 株式会社
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    ケンコー・トキナー、「DJI Mavic 2 Zoom」「DJI Mavic 2 Pro」用フィルターキットを発売

    株式会社ケンコー・トキナーは、ドローンで滑らかな映像を撮るためのフィルターキットアドバンスト ドローンフィルターIRNDキット「DJI MAVIC 2 ZOOM用」「DJI MAV... 続きを読む

    DJI、新製品「Matrice200シリーズV2」や、「Mavic 2 Enterprise」などの産業用ドローンを出展 [JapanDrone2019]

    空撮用ドローンで大きなシェアを占めるDJI JAPANブースでは、2月に発表した産業用ドローン「Matrice200シリーズV2」を中心に、「Mavic 2 Enterprise」... 続きを読む

    DJI 、産業用ドローンについての方向性を紹介するプレゼンテーション「DJI JAPAN事業/製品説明会」を開催 [JapanDrone2019]

    DJI JAPAN株式会社は、3月13日~15日までの3日間、幕張メッセにて開催中の民間ドローン産業の国際展示会「ジャパン・ドローン2019」の同社ブースにて報道関係社向けに「DJ... 続きを読む

    DJI、高精度UAV測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プログラム」を提供開始

    DJI JAPAN 株式会社とdo株式会社は、日本アジアグループ株式会社傘下の国際航業株式会社と業務提携契約を締結し、国際航業で長年培われた写真測量の知見を、DJI Phantom... 続きを読む

    DJI、実機やシミュレーターでドローンの魅力をアピール[CP+2019]

    ドローンは「Mavic 2 Pro」と「Mavic 2 Zoom」を展示 DJIは今年もCP+2019に出展。ドローンは、「Mavic 2 Pro」、「Mavic 2 Zoo... 続きを読む