i–Construction対応ドローン3次元測量ソフト「Site Scan」、3次元データの活用及び防災UAV(ドローン)活用セミナー開催

2018-02-06 掲載

3D Robotics社のパートナーシップ戦略最高責任者を招いて、小型無人機(ドローン)Solo・データ解析ソフトSite Scanのイベントを開催。本セミナーでは、北米シリコンバレー本社3DRの3次元データのスペシャリストを招き、北米でのハリケーン被害時のデータの活用事例、SiteScan及びクラウドシステムを利用した情報活用等、現場に即した内容を盛り込んだ測量・防災などの事例を説明していく。

スケジュール
  • 日付:2018年2月21日(水)
  • 時間:午後13:00~16:00(受付:12:30-)
  • 場所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル (Room:210)
  • 参加料:無料
  • 出席名数:最大50名(定員に達し次第締め切らせていただきます)
  • セミナー内容
  • (一社)EDAC 理事長 稲田悠樹
  •  ・ドローンを活用した災害対策
  • 芝本産業㈱ 事業開発部 小林正幸
  • ・Site Scanの紹介
    ・防災・点検を想定したSite Scanの利用提案
    ・クラウドシステムを利用した情報活用
  • 3DR Jeremiah Johnson 通訳:芝本産業
  • ・北米における3次元データの活用例
    ・ドローン業界の将来・単独ソフトとクラウドシステムの違い 
    ▶︎芝本産業株式会社
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    ドローン業界栄枯盛衰。2017年は、戦略的提携の年。

    昨年、ドローン業界はすさまじいスピードで成長し、中でも戦略的提携の成長は顕著だった。以前から提携において頻繁に最新情報を提供してきたが、なぜ今、提携がそれほど重要になっているのだろ... 続きを読む

    3D Roboticsの「Solo」がオープンソースのプラットフォームとして復活

    つい先日もお伝えしたが、「3D Robotics復活の兆し。シリーズDで5300万ドル調達」、3D Robotics(以下:3DR)周辺の動きが慌ただしい。企業としては産業用に舵を... 続きを読む

    ドローンのベンチャー企業への投資額、過去6番目に高い記録に

    2017年第1四半期(1~3月)の取引金額は高額となった。ドローン企業への投資は記録を塗り替え続けている。2017年には新記録を更新する見通しだ。 2016年は100件の取引... 続きを読む

    3D Robotics復活の兆し。シリーズDで5300万ドル調達

    最近良い話を気かなった3D Robotics(以下3DR)からニュースが発表された。3DRは、シリーズDラウンドで資本金5,300万ドル(約55億円)を調達し、発表した。。今回のラ... 続きを読む

    芝本産業、小型ながらさまざまな用途に応用可能な3DR SOLOなどを展示 [第3回国際ドローン展2017]

    1年ほど前から米3D Roboticsの正規代理店となっている芝本産業は、同社の3DR SOLOに測量用カメラや赤外線カメラ、照明といった機器を積むことで、さまざまな産業分野で活用... 続きを読む