E-hang184機の有人飛行テスト動画を公開。ますます現実を帯びるパッセンジャードローンの世界

2018-02-20 掲載

EhangがCES2016で発表したパッセンジャードローン184は、センセーショナルだった。ドローン業界は騒然とした。それから2年これまで様々な憶測が流れたが、いよいよEhang184の実用化に見受けて動き始めた。Ehang社がこれまでプロジェクトとして発表してきたように、パッセンジャードローンEhang184は同社の絶え間ない努力の一例と言える。しかし残念なことに以前お伝えしたドバイでの実証実験では、役人たちはEhang社ではなく、インテル社支援のたVolocopter社と提携を決めた。

しかし、今月になりEhang184の主要なアップデートに関する情報を公表した。Ehang社のパッセンジャードローンは広範囲にわたるテストを受けた。1000回を超える有人飛行テストをこなし、下に掲載の動画で見られるように、CEO自らが飛行に同伴したこともあった。

これはイーハン社における喜ばしい進歩である。184機は飛行中の姿がとても素晴らしく、CEO自身がEhang184の発展に身を投じていることは明らかである。 イーハン社CEOの胡華智(Hu Huazhi)氏は語った。

有人飛行テストを通して、我が社は我々のドローンの安全性や安定性を示すことができる。私達が行っているのはエクストリーム・スポーツではない。乗客一人一人の安全が第一であることは言うまでもない。Ehang184のテストは成功裏に終わったので、空輸事業に関して将来、何が私達を待ち受けているのかとても楽しみにしたいる。

これまで、150以上のエンジニアが何千ものテスト飛行を行ってきた。Ehang社によると、最大300メートルに及ぶ垂直上昇飛行や約230キロの荷物を載せたテスト、15キロにおよぶルート飛行テストや時速130キロでの高速飛行テストをこなしてきた。声明によると、同社はこれからも改良を施していく予定であり、乗客が184機をよりコントロールできるようになることを見据えている。

Ehang184 AAVはさらなる改善の余地がある。乗客のフライト環境を向上させ、乗客が操縦を体験できるようにするなどオプションとして有人操作を加えていくことにより焦点が当てられていく。さらに、Ehang社は既に280㎏積載可能な2シート型AAVを開発およびテスト済みである。

大きな問題としては、いつになったら184旅客ドローンが主流になるのかということだ。Ehang社はアメリカ合衆国でのテスト飛行の許可を得ているが、公用などで積極的に採用されるようになるのはまだまだ先になりそうである。CEOは語る。

これは段階を踏んで進んでいく。我が社は独自のプランがある。斬新なテクノロジーを発展させ実用化させていくこととなると、まず、技術面でのイノベーションが衝撃をもたらす。その後、関連する政策が作られ発展していくのだ。我が社の発展は引き続きドローン産業の発展を推し進めていくであろう。

▶︎Ehang
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

都市部のエアモビリティへの関心が高まる中、Honeywellは、新しいMicro Vapor Cycle System(マイクロ蒸気サイクルシステム以下:MicroVCS)を発表し... 続きを読む

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布... 続きを読む

Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

2020年5月9日の調印式で確認された戦略的パートナーシップ契約に基づき、Ehang 216の自律型空輸車(AAV)が広州にあるLNガーデンホテルのパイロットプログラムに使用され、... 続きを読む

JSSJ、ミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveの4社で「空飛ぶクルマ」乗員用座席を共同開発

性能確認試験現場にて ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン株式会社(以下:JSSJ)、ミズノ株式会社と有志団体CARTIVATOR 、株式会社SkyDriveは、20... 続きを読む

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと... 続きを読む