Jody Aviation、Intelなどから新たに1億ドルの出資獲得、ティルトローター式パンセンジャードローンが現実的に

2018-02-28 掲載

ボーイング、エアバス、NASA、TOYOTAが揃って大きく出資をすることにより、パッセンジャードローンの構想に巨額の資金が投入されることになる。この投資を新たに受けることになったのがJody Aviation。1億米ドルの資金提供を受け、同社の全ての電力航空機を前進させる。Jody Aviationは電力ティルトローター航空機で、大都市中心部の交通渋滞や大気汚染を緩和し、より高速でクリーン、かつ安全な移動手段を提供することを目指す。

Jody Aviationの使用する、洗練されカスタムデザインされたティルトシステムは、垂直離着陸の際にローターが上向きになるが、翼航空機として前方へ低電力飛行をする際にはローターを前方に移動できる。

動力伝達系にかかる1時間ごとの飛行コストを大きく削減でき、固定翼による航続飛行距離という利点を持つVTOLの利便性は、魅力的な構想にある。初めてこれらの画像が公表されて以降、デザインは大きく進化を遂げてきたものの、Jody Aviationの本社が解雇したLoz Blain氏は、この輸送手段は確かであるという固い信念とともに同社を去った。

その信念を共有すべく表れたのが、インテルやトヨタ率いる新たな投資家たちのホスト役である。試験飛行中とされる航空機開発を継続させるためのシリーズB投資として、Jody Aviationに1億米ドルを受け渡した。Jody Aviationはインテルの後援するVolocopterやPassenger Drone、Vahana 、eHangといった空中タクシーの構想のように、大都市中心部での交通渋滞や大気汚染の緩和とより高速でクリーン、かつ安全な移動手段を住民に提供することを目指している。

同社によると5人乗り航空機は一回の充電ごとに240km以上を飛行し、従来のローター航空機よりも高速なうえ、離着陸は100倍静かだという。さらに一般的な燃焼型の航空機やヘリコプターと比較すると前払費用は高めではあるものの、電力消費量は12分の1であるため、長期的に見ればその差は埋め合わされることになるという。

現在のところ、Jody Aviationがこの輸送機関の開発に取り組むにあたって注目しているのは3つの主要分野、すなわち余剰システムを通じたこれまでにない安全性の装備、騒音の最小化、航続距離と速度の最大化だ。

インテルは、自動運転自動車か、次世代の空中移動手段かはわかりませんが、いずれにせよ、データが動かす移動手段のある未来を信じでいます。Jody Aviationはユニークな輸送機関を市場に送り出そうと、これまで全力を上げてきました。これは実に破壊的ともいえる技術で、人間が住み、働く場所の地理的な境界を押し広げる可能性を秘めています。

そう語るのはIntel Capital社長のWendell Brooks氏だ。

▶︎Jody Aviation

関連する記事

ロールスロイス、ファーンボロー国際航空ショーにてEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクト発表

ロールスロイスは、ファーンボロー国際航空ショー2018にてコンセプト段階のEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクトを初公開した。この機体は、個人用移動手段としてはもちろん、公共交... 続きを読む

アストンマーティン、空飛ぶパーソナルモビリティ「Volante Vision」を発表

アストンマーティンといえば、イギリスの名門自動車メーカー。そのアストンマーティンも満を持して空飛ぶ車(パッセンジャードローン)に着手したようだ。Volante Vision Con... 続きを読む

エンタメからビジネスまでバリエーションが拡がる欧州ドローン市場のいま [CEBIT 2018]

開催時期、構成内容も一新されたCEBITでのドローン市場は? 世界最大級のIT系国際見本市として知られるCeBITが運営コンセプトを一新し、B2Bから「デジタルイノベーション... 続きを読む

日本有志チーム「teTra」、世界的エア・モビリティのコンテストにて受賞

学生と社会人で混成するプロジェクトチーム「teTra」はボーイングとHeroXが主催する有人エア・モビリティの「GoFly」コンテスト第1期にて世界のトップ10に選ばれた。 ... 続きを読む

ドローンラボ、「Intel Falcon 8+」国内販売開始!実機を展示。[第4回国際ドローン展]

4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、インテルのプロフェッショナル業務向けドローン「Intel Falcon 8+」の販売パートナーである株式会社ドローンラボが出... 続きを読む