ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催

2018-03-08 掲載

茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を3月18日に開催する。

ドローンフィールドKAWACHI

産業分野でのドローン活用技術や研究開発が急速に進む中、茨城県稲敷郡河内町では主産業である農業分野での活用が大きく期待されている。そのニーズに応える日本初の試みとして、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクス社では「ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上」 をテーマとした「農業利用の可能性を探るコンテスト」を開催する。


ドロコンでは、産業用ドローンの展示やレースドローン、マイクロドローンなどでデモフライトを行い、参加者は見て楽しむことができる。また、初心者や家族連れでも楽しめるドローンの体験会などを行う予定。

一定の離陸重量など基準を満たした機体を使用し、決められた地点間の離着陸タイムを競う競技となる。コンテストの詳細は以下の通り。




■機体レギュレーション

    ・非自作機
    ・未改造のドローンに限る。
    ・バッテリー込の離陸重量が350g以上の機体のみ参加を認めます。

※なお、FPV(目視外)飛行のみでの参加は認めません(モニターなどの確認は許容されます) 。
    

参加可能機体例: DJI Inspireシリーズ、Phantomシリーズ、 Mavic Proシリーズ、3DR Soloなど





■賞金など:


    優勝 30万円、副賞 河内町特産品





■予定スケジュール



    10:00:受付

    10:45:ブリーフィング

    11:00:フライト①
    
12:30:休憩

    13:00:フライト②
    
15:00:審査
    
16:00:表彰式

■参加エントリー



■ドローンフィールドKAWACHIとは?■


    都心から80分、成田空港から20分の立地にあり、飛行場、実証実験場、研究開発施設、カンファレンスセンター、宿泊施設などを備えた、ドローンに関わる全ての人・モノ・金・テクノロジー・インテリジェンスを集約する総合施設。

▶︎ドローンフィールドKAWACHI

関連する記事

アイ・ロボティクス、大阪事業所開設。関西・西日本エリアユーザーへサポート体制強化

株式会社アイ・ロボティクスは、関西・西日本におけるユーザーのサポート体制強化と、事業展開・産業用パイロット研修などの拠点として、大阪の近鉄難波ビルに事業所を開設する。 同社は... 続きを読む

Osaka Metro、アイ・ロボティクスと共同で、駅のホーム天井内の構造物点検にマイクロ・ドローン導入

写真はマイクロ・ドローンで撮影した天井内の状況 Osaka Metroは、株式会社アイ・ロボティクスと共同で、2020年2月中旬から駅のホーム天井内の構造物点検にマイクロ・ドロー... 続きを読む

TRCとiROBOTICS、ドローンを用いた施設管理サービスの開発に向け協業開始

株式会社東京流通センター(以下:TRC)と、ドローンの社会実装に取り組む企業である株式会社アイ・ロボティクス(以下:iROBOTICS)は、ドローンを活用した新たな物流施設の運営・... 続きを読む

アイ・ロボティクス、高所作業・壁面メンテナンスソリューションを第32回プラントショーでお披露目

株式会社アイ・ロボティクスは、11月20日から幕張メッセにて開催中の第32回プラントショーにて、高所作業・壁面メンテナンスソリューションを展示発表する。これまで同社は、ドローンやロ... 続きを読む

広島県神石高原町、防災・減災目的のドローンコンソーシアム設立

広島県神石高原町は、防災・減災を目的としたドローンコンソーシアムを設立する。 同コンソーシアムは、ドローン技術を持つ関連企業・団体が集まり、ドローンを活用して神石高原町が直面... 続きを読む