DRONE

ドローン大学校が5月13日に「瀬戸内キャンパス」を開講〜ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指す〜

ドローン大学校が5月13日に「瀬戸内キャンパス」を開講〜ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指す〜


ドローン大学校は、次世代ドローンパイロットの育成を目指すために700以上の島々が点在する瀬戸内エリアに5月13日に「瀬戸内キャンパス」を開講する。今年2018年はドローン物流の元年と言われ、政府は「2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化させる」 という目標を掲げ、その実現に向けて新たなドローン物流プラットフォームが動き始めている。人間が操縦をすることで進んできたドローンビジネスが、自律制御システムによって、大きく変革しようとしている。

さらに、「未来投資戦略 2017」および「空の産業革命に向けたロードマップ」において「2018年に離島や山間部等における荷物配送を実施し、2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化させる」 という目標も掲げており、「第5世代移動通信システム(5G)の運用を2019年前半に開始する」と米国移動体通信事業者Sprint社が発表したように、来年にはグローバルで5Gの運用が始まる。そうなれば、ドローンの自律制御システムの完成も一気に現実化し、政府は計画通り2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化するかも知れない。

ドローン大学校「瀬戸内キャンパス」は、今後、ドローンが自律制御システムによって運航することになれば、UTMと呼ばれる自動運航システムに関する知識やプログラムの技術など、必要な知識や技術は変ってくると考え、ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得し、その後UTM運航に必要な知識や技術を修得できるプログラムの開発を目指している。

ドローン大学校 名倉理事は、開校について以下のようにコメントしている。

海上物流だけでなく、「瀬戸内キャンパス」は、地元企業の株式会社正文社印刷所と共同開校していることもあり、瀬戸内ならではの新たなドローンビジネスを創造するドローンビギナー(初心者)が集まるようなキッカケの場をつくるために、無料セミナーを現地で開催し、なぜドローン大学校は瀬戸内にキャンパスを開校したのか?を説明したい。

セミナースケジュールは詳細の通り。

ドローン大学校 瀬戸内キャンパス 無料セミナー スケジュール

 
    1)4月15日(日)13:00~15:30 、17:00~19:30

    2)4月16日(月)10:00~12:30 、14:00~16:30

    3)4月24日(火)14:00~16:30、19:00~21:30

    4)4月25日(水)09:30~12:00

    会場:まなびの館ローズコム(広島県福山市霞町1-10-1 )
    TEL 084-932-7265
djimini3pro
Return Top