国土交通省 ドローンの飛行許可・承認手続4月2日よりオンラインでも可能に!

2018-03-21 掲載

国土交通省は航空法に基づく無人航空機の飛行許可・承認手続の利便性向上のため4月2日より、オンラインサービスを開始する。

国土交通省は、近年急速に普及が進むドローンなどの無人航空機について、その安全性を確保するために、平成27年12月より航空法に基づき飛行空域及び飛行方法を規制している。例えば、空港等の周辺や人又は家屋が密集している地域の上空を飛行する場合や、夜間・目視外等で飛行を行う場合には国土交通大臣の承認が必要となっている。

現状、許可・承認手続の件数は急速に増加し、平成29年はその前年と比べ約1.5の件数の許可承認手続を行っており、今後も一層増加することが見込まれている。これらの許可・承認手続は、飛行する地域に応じ定められた地方航空局又は空港事務所等にて行っているが、申請書の記載漏れ等により、申請者と審査側とでやりとりが生じ、手続に時間がかかっていると声が寄せられている。

こうした状況を踏まえ、航空局では当該手続の利便性向上や円滑化に向けて、平成30年度4月2日よりオンラインサービスを開始し、申請者は場所や時間を選ばず申請が可能となるほか、質問に答えていくと申請書が自動で作成されるため、簡単にかつ確実に申請ができスムーズに手続きが進むようになる。

無人航空機の飛行許可・承認手続のオンラインサービスの以下の通り。

▶︎国土交通省

関連する記事

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめ、経済産業省、国土交通省と「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合で

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」が、12月20日第4回会合が開催され、ロードマ... 続きを読む

経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立した。 自動車や航空機の業界な... 続きを読む

新社会システム総合研究所、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」を開催

国土交通省、経済産業省、日本郵便、京王電鉄は、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」と題しセミナーを2018年7月3... 続きを読む

新社会システム総合研究所、講演会「空の移動革命~空飛ぶ車を目指して」を開催

東京大学、経済産業省、JAXA、国土交通省は「空の移動革命~空飛ぶ車を目指して」と題した講演会を2018年6月14日(木)に東京・千代田区にあるビジョンセンター永田町にて開催する。... 続きを読む

八進、「CIM」および「i-Construction」を解説した動画を公開

ドローンを用いて空撮や測量などを行う「空撮サービス」の運営を行っている株式会社八進は、国土交通省が土木建設分野で推奨している「CIM(Construction Informatio... 続きを読む