新生イームズラボが個性的なドローンの数々を出展 [Japan Drone 2018]

2018-03-23 掲載

日本を代表するドローンエンジニアの伊豆智幸氏が率いていたエンルートラボが、この春、エンルートM’sを引受先とする第三者割当増資を受けて、新たにEAMS LAB(イームズラボ)に生まれ変わった。そんなイームズラボは同社がこれまで開発してきたドローンだけでなく、UGV(無人車両)、UMS(無人艇/無人潜水艇)などを一堂に展示。これまでエンルートラボとして開発してきたドローンは、機体の性能はもちろんのこと、細部のデザインにこだわりスマートさを訴求。もちろん、研究開発型のドローンメーカーとして、さまざまな企業と共同開発したドローンの数々を披露していた。

中でも興味深いのはあまり他に例を見ない独創的なスタイルのドローンだ。そのひとつである「オムニコプター」は、8つのローターを持つオクトコプターの変形型で、ローターがそれぞれ斜めに傾いているのが特徴。一般的なドローンは前後左右に移動する際、機体を傾ける必要があるが、このオムニコプターはローター面が傾いているため、行きたい方向に傾いているローターの回転数を上げることで移動が可能。機体を傾ける必要がないため、橋梁の床板点検をはじめ水平方向の移動が必要な作業に最適だ。また、ヨー軸の動きが強力、かつ素早くできるというメリットも持ち合わせている。

もうひとつは「ガイドコプターE249P」。こちらはクワッドコプターを半分にしたような2ローターのドローンで、ガイドワイヤーに取り付ける形で使用する。厳密に言えば飛行することにはならないが、ガイドワイヤーに沿ってローターの推力で上下して作業を行うことが可能。ロープーウェイや送電線の検査、撮影用ワイヤーカメラの代替といった用途が想定されているほか、ワイヤーにグリスが塗布されていてプーリーなどでは推進力が得られないエレベーターのワイヤーに沿って上下するといった作業に最適だという。

▶︎EAMS LAB

関連する記事

エンルート、公的資金の不適切な受給が判明

スカパーの子会社である株式会社エンルートは、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)からの助成事業案件・委託事業案件のうちの一部の案件について、助成金・委託費の... 続きを読む

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初と... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために... 続きを読む