ブルーイノベーション、パイロット支援システムや最新ソリューションを公開 [Japan Done 2018]

2018-03-26 掲載

先ごろ矢継ぎ早に新ソリューションを発表したブルーイノベーションのブースでは、その実際の機体やソフトウェアを見ることができる。中でも注目なのは飛行ログと操縦ログの両方が取れるドローンパイロットシステムだ。

事故が起きた際、飛行ログだけでなく操縦ログも残るので原因の解析に役立つというこのソリューションは、それ以上に教育分野での可能性を感じるものだ。空撮映像を受講生に見せると「どのように飛ばしたのか」という質問が必ず出る。映像と機体の動きがイメージでリンクできないとうのが初心者の限界だと感じている。

また、スティック操作の微妙な動きで成り立つスムーズなフライトがレクチャーする上で非常に伝えにくいのだが、飛行ルートだけでなく機体の傾きや操縦のスティックの動きなどが記録・視覚的に閲覧できるこのシステムならば映像と機体の動きをリンクさせやすい。ドローン教育コンテンツのEラーニングも増えてきているが、そのような場面では特に重宝されそうだ。

昨年のドローンによるオフィス内巡回システム「T-FREND」や先日発表になったばかりの点検用インドアインスペクションドローンシステムなど次々に新製品・ソリューションを発表するブルーイノベーションだが、それを実現しているのは複数のドローン・ロボットを自動制御し、統合管理するためのベースプラットフォーム「Blue Earth Platform」だ。このクラウドソフトウェアプラットフォームは、複数のドローンやロボットの自動制御を行い、共通で利用する地図や位置情報などの統合管理を行う。ドローン用ソフトウェアの開発モジュールも共通化されているため、必要な機能を組み合わせるだけで簡単にシステムを組むこともできる。このプラットフォームがバックグラウンドで運用されているため、次々とサービスを展開できているという仕掛けだ。

警備や点検、教育・安全にエンタメ…一見バラバラに見えるブルーイノベーションのサービス・ソリューションだが、その本質はバックグラウンドのベースプラットフォーム「Blue Earth Platform」の開発にある。ドローンが社会のインフラとなる社会に向けて、ブルーイノベーションが次にどのようなソリューションを提案してくるのか楽しみだ。

▶︎ブルーイノベーション

関連する記事

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション株式会社は、Flyability SAと業務提携し、安全で時短・コスト削減を実現する屋内点検サービス「Biインスペクター」を2018年6月4日より開始する。 ... 続きを読む

スカイリンクジャパン、KLAU社の新システムや最新の産業用カメラを展示 [Japan Drone 2018]

例年通り、会場の入り口付近にブースを設置したDJIの輸入代理店 スカイリンクジャパンは、測量精度±3cmを実現したKLAU社のシステムをはじめ高感度のサーモグラフィカメラ Ze... 続きを読む

Best of Japan Drone Award 2部門受賞 エアロネクスト社 4D Gravity™ 搭載機体をデモンストレーション [Japan Drone 2018]

 先ごろ重心最適化技術「4D Gravity™」適用機体を発表したエアロネクスト株式会社は、360°VR撮影用の「Next VR™」と宅配専用の「Next DELIVERY... 続きを読む

世界最小のディスプレイメーカーが送るスカウターVUFINE [Japan Drone 2018]

シリコンバレーのベンチャーとして2016年に創業したVUFINE(ビューファイン)は“世界で最少のディスプレイメーカー”評される話題となった。メガネや帽子に装着して使うウェアラブル... 続きを読む

ヘッドマウントディスプレイが熱い! AiRScouter をより便利に使いたい![Japan Drone 2018]

今回のJapan Drone 2018では、先ごろ発売されたばかりというヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter WD-300A」がブラザー工業のブースに展示されていた。同... 続きを読む