日本初となるプロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」が発足。堀江貴文氏もCo-Founderとして参画

2018-04-20 掲載

DRONE SPORTS株式会社は、日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING(以下:RAIDEN)」を発足した。同時にRAIDENは、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions League(以下:DCL)」へ参戦することを発表。DCLに日本チームが参戦することは初めてだ。

RAIDENはプロフェッショナルドローンレースチームとして、世界の人々が憧れるプロスポーツチームになる事を目指して発足。リアルドローンレースの認知向上に貢献するとともに、ドローンレースEスポーツチームとしても活動することを予定している。メンバーは以下の4名。

(以下、プレスリリースより引用)

■「日本最速の男」後藤 純一(37歳)
2017年Japan Drone League(以下JDL)でシーズン年間ランキング1位に輝く。RAIDENパイロットキャプテンとして、チームを牽引。

■「ドローンクラッシャー」阿左見 和馬(17歳)
ドローンレース歴わずか5ヵ月で2017年7月のJAPAN DRONE NATIONALS 2017を優勝。JDL2017年シーズン年間ランキング3位。日本代表として世界大会に出場した経験を持つ現役高校生パイロット。

■「インドネシアNo.1パイロット」Axel Mario(アクセル マリオ)(13歳)
2018 Indonesia Drone Racing World Cupで世界2位、インドネシア人として1位に輝いた。現役中学生でありRAIDEN随一の外国人パイロット。

■「ドローンレース界のプリンス」鈴木 匠(13歳)
ドローンレース歴1年、JDL2017シーズン年間ランキング4位入賞の現役中学生パイロット。RAIDEN最年少の「ドローンレース界のプリンス」。

▶︎RAIDEN RACING

関連する記事

DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売

ドローンレースを展開するDRL(The Drone Racing League)は、コロナ禍なども鑑み、2020 DRL Allianz World Championshipをシュ... 続きを読む

ドローンレースチーム「RAIDEN RACING」にドイツ人若手ドローンレーサー2選手新加入

DRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」は、「Drone Champions League」(以下:DCL)第... 続きを読む

ドローンレースeスポーツ「Drone Champions League」開幕戦がJ SPORTS、Twitchで放送決定

DRONE SPORTS株式会社が運営する、プロフェッショナルドローンチーム「RAIDEN RACING」が参戦するドローンレースeスポーツリーグ「Drone Champions ... 続きを読む

Red Cat、Rotor Riotを買収し売り上げ倍増。ドローンレース業界に明るい光

Red Cat Holdings,Inc.は、数ヶ月前にFPVやドローンレースを黎明期から支えてきたRotor Riotを買収して以来、同社のRotor Riot eコマースストア... 続きを読む

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL... 続きを読む