Novademが最新係留型ドローンNXWIRE2.0を発表!NX70も展示 [Xponential2018]

2018-05-03 掲載
フラッグシップドローンNX70のタクティカル版NX70mと留型ドローンプラットフォームNXWIRE2.0

フランスのドローン会社Novademが同社の最新係留型無人航空機(UAV)プラットフォームNXWIRE2.0を公開した。ドローン機体のNX70も合わせて無人航空機システム(UAS)産業をリ今回係留型のシステム第2世代といえるNXWIRE2.0の新機能は、以下の通り。

  • 地上の動力供給は主動力源や副動力源との接続が可能
  • 50メートルのケーブルにより地上からドローンへ電力供給を維持できる
  • 電気機械メカニズムを統合する内蔵モジュールとバッテリーの取替え(必要とあらば、係留ケーブルから切り離しての飛行も可能であり、Novadem NX70機は繋がれなかった場合約20分間の飛行できる)
  • NXWIRE2.0はこれまでの機能の良いところばかりが凝縮されています。地上から動力を受け取ることができるので、即座に、かつ、長時間ドローンを使った観察を行うことができます。また、サポートチームのせいでターゲットを見失うこともなくより近くまで物体に迫ることができます。

    とNovademのCEO、パスカル・ズニーノ氏は語る。Novademは非係留型UAVソリューションに関して既に政府との契約を何回か交わしている。例えば、フランス陸軍海軍とNATO、フランス国家警察と契約を交わしている。Novademビジネスデベロップメントマネジャーのジョアン・ブーシェ氏がさらに詳しく解説する。

    アメリカにおける専門的な防衛目的のマイクロ・ドローン市場はここ数年でかなり成長してきています。一般消費者用のドローンが主で、主流となるアメリカの製造会社もいますが、ソリューションとユーザーの環境に応じたインターフェースにおける我が社の多用途性はアメリカの消費者や事業提携者にも魅力的だと確信しています。

    安定性がありと長時間の飛行が可能な係留型ドローンはあらゆる警備・防犯目的で利用されてきた。昨年8月には、ニュージャージー州でトランプ大統領の休暇中に、アメリカ合衆国国土安全保障省が係留型ドローンをパトロール用にトランプ・ナショナル・ゴルフコースで使用した。またCyphy Works社のドローンはボストンマラソンでも用いられた。季節的な影響で長江が大氾濫したあとの中国浙江省嘉興市嘉善県にて、MMCが係留型ドローンシステムの遠隔通信を維持する実験を実施した。

    ▶︎Novadem

    関連する記事

    Jetoptera社、航空機を開発、小型VTOLから空飛ぶ自動車までの構想 [Xponential2018]

    JetopteraがXponetial2018でコンセプト発表したJ2000は、時速200マイル(約320km/h)で飛行し、垂直離着陸が可能なフライングカー。同社が開発したガスジ... 続きを読む

    IXI EW社とT-Worx社、C-UAS技術で手を組む [Xponential2018]

    IXI EX社は、IXIドローンキラー携行型対無人機迎撃(C-UAS)システムとライフルオペレーションシステムを備えたT-Worxインテリジェントレイル(I-Rail)システムとの... 続きを読む

    Insitu、無人航空システムScanEagle3を初公開 [Xponential2018]

    ボーイング社の子会社であるInsituはその規模と範囲でドローン産業界でかなり有名なポジションにある。その両社の強みを生かし、ボーイングの安全性と航空規制機関との協力で、Insit... 続きを読む

    FLYING-CAM、数々の名作を撮影してきた名機再び、DISCOVERYを初公開 [Xponential2018]

    映画の世界になくてはならない無人ヘリコプターのデザイン・生産分野で世界トップであり、プロフェッショナルドローン映像サービスの先駆者であるFLYING-CAM社は30周年記念を迎... 続きを読む

    PRODRONE、飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機「PD6B-Type II」を発表 [Xponential2018]

    株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型のプラットフォーム機「PD6B-T... 続きを読む