PRODRONE、タップフライト着水機ドローン「PD4-AW-AQ」を発表 [Xponential2018]

2018-05-07 掲載

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、タップフライトにより自動着水・着陸が可能な水中撮影を目的とした新型防水型ドローン「PD4-AW-AQ」を発表。また、2018年5月1日(火)~3日(木)まで米国デンバーにて開催されたUAV展「Xponential 2018」に出展した。

PD4-AW-AQは、PRODRONEの中型ベーシックモデルPD4-AW2 BasicにGoPro HERO5を搭載し、オリジナルフライトコントローラーPD-FC1によってタップフライトを可能にしたドローン。機体からの水中映像は伝送装置で手元のモニターへ映し出され、水中撮影と空撮の両方が行える。

米国PRODRONE社 CEO Len Sabato氏

タップフライトによる各種自動飛行も可能で、誰でも簡単に飛行させることが可能だという。同機の4本のローターアームは、運搬時に本体内部に格納され可搬性にも優れているとしている。米国PRODRONE社 CEO Len Sabato氏は、以下のようにコメント。

独自開発したフライトコントローラーPD-FC1でより安全正確に、同じくオリジナルソフトウェアでより簡単に精密な飛行と記録が可能になっています。

フロートをドローンの四方向に装着しているため、ダム点検や海上での飛行において、万が一墜落などが起こった場合でも水没せず、バランスを保ったまま水に浮くことが可能。また、機体は防水性が高く、雨天飛行も可能なため、365日の警備監視などにも使用できるとしている。

(以下、プレスリリースより引用)

■仕様(暫定)
  • モーター軸間距離:1062mm
  • 最大ペイロード:4kg
  • 機体重量:4.6kg
  • 最大速度:80km/h
  • 全高:394mm
  • 飛行可能風速:10m/s
  • プロペラ直径:432.6mm
  • 飛行時間:21分
  • バッテリー:5500mAx2
  • 耐水性能:雨天飛行可
※型番・仕様等は予告なく変更する場合あり。
PD4-AW-AQ

関連する記事

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤選手が14連覇、FAI/F3C 日本選手権2019開催

PRODRONE製PDH-02Cを使用している選手たち 写真右から、伊藤雅紀選手(19位)、鵜飼大樹選手(12位)、須釜一博選手(27位)、煤田義広選手(32位)、森安伸選手(1... 続きを読む