PRODRONE、飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機「PD6B-Type II」を発表 [Xponential2018]

2018-05-08 掲載

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型のプラットフォーム機「PD6B-Type II」の開発を発表した。同機は、現地時間2018年5月1日(火)~3日(木)まで米国デンバーで開催されたUAV展「Xponential 2018」に出展した。

PD6B-Type IIは、予め設定した飛行範囲や高度を逸脱した場合に、自動でパラシュートを開傘させ安全に着陸させることが可能なドローン。

大きなペイロードをもつ大型機である一方、新たに設計されたローターアームにより、コンパクトに折りたたむことができ、可搬性に優れている。隣合わせたモーターの取り付け向きを反対にすることにより、広げたときにプロペラがラップしないレイアウトを採用しており、従来の大型6枚機に比べ軸間距離が短くなり、推力性能はそのままに省スペース化を実現したとしている。

モーターバッテリーは、機体のフレームから隔離されたバッテリーボックスにワンタッチで収納でき、バッテリー交換の利便性が向上。バッテリーボックスを独立させることにより、ユーザーの作業仕様によりバッテリーの取り付け位置を自由に変更することが可能。

また、大型機のパワーと可搬性、そしてPSUによる安全性兼ね備えているため、レーザー測量機や物資輸送機などの幅広い産業用途で使用可能だとしている。

(以下、プレスリリースより引用)

■仕様(暫定)
  • モーター軸間距離:1348mm
  • 最大ペイロード:30kg
  • 機体重量:11.5kg
  • 最大速度:60km/h
  • 全高:550mm
  • 飛行可能風速:10m/s
  • プロペラ直径:712.5mm
  • 飛行時間:10-30分
  • バッテリー:16000mAx4
※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。
PD6B-Type II

関連する記事

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤選手が14連覇、FAI/F3C 日本選手権2019開催

PRODRONE製PDH-02Cを使用している選手たち 写真右から、伊藤雅紀選手(19位)、鵜飼大樹選手(12位)、須釜一博選手(27位)、煤田義広選手(32位)、森安伸選手(1... 続きを読む