DJI、2019年に新社屋完成。手掛けるのはApple新社屋を手がけたFoster+Partners

2018-05-13 掲載

現在DJI本社に日本のメディアで初訪問したのがDRONE.jp。それからはや3年。新社屋の噂を聞きつつもようやく新社屋の全貌が明らかとなった。 2019年完成を目指し目下、中国深圳に建設中である。

▶︎[ReportNow!]Vol.01 初公開!DJI本社直撃〜ドローンのこれからと今を訊く!

今回施工を請け負ったのは、Foster+Partners(フォスター+パートナーズ)が先日発表。ちなみに「Foster+Partners」はノーマン・フォスターという建築家が1967年に設立。これまで世界45カ国で500以上の都市計画、ビル、空港などの建物はもちろん、家具に至るまで多種多彩なプロジェクトを手がけている。ガーキンの愛称で知られるイギリスの首都ロンドンの金融中心地にあるスイス・リ本社ビルや大きな翼を広げたような形の「香港国際空港」、そして最近ではApple新社屋「Apple Park」など世界中の施設建設を行う世界的なディベロパーだ。

新社屋は、ツインタワーで、研究開発スペースとオフィスやその他の公共機能が組み合わせる予定だと言う。フロアは、大きな鉄製のメガトラスによって中央のコアから浮かび上がるボリュームのある仕上がりに。

各タワーはスカイブリッジで結ばれ、グラウンドフロアには、最新のドローン技術を展示するためのショールームも併設されていると言う。

▶︎Foster+Partners :Designs for DJI’s new HQ in Shenzhen revealed
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

セキド、DJI認定ストアを虎ノ門にオープン。専任のコンサルタントがサポートする、ドローン体験型総合施設

DJI社の正規代理店である株式会社セキドは、DJI認定ストア/ビジネスラウンジ/セミナールーム備えた「セキド虎ノ門」のオープンを発表した。 ドローンによるインフラ管理の効率... 続きを読む

DJI、Microsoftとドローンの企業向け活用に関するパートナーシップを発表

Microsoft Build Conference 2018 Microsoft社 Azure IoT担当 Sam Geroge氏によってこのパートは進められた DJIは、... 続きを読む

DJI、人命救助事例のレポートを発表。2017年は65名の人命救助にドローンを活用

DJIは、ドローンの人命救助に関するレポートを2018年5月2日に発表し、その中で2017年には少なくとも65名の人命救助にドローンが活用されていることを発表した。同レポートには、... 続きを読む

DJI、EENAアワード受賞、ドローンがアイスランドで人命救助

ブリュッセルに拠点を置く保安NGO、欧州エマージェンシー・ナンバー・アソシエーション(EENA)と、民生用ドローンメーカーであるDJI社が今日、複雑な救助活動における、ドローンの人... 続きを読む

DJIとメルセデスAMGが欧州でパートナーシップ開始

ドローンと空撮技術において業界をリードするDJIは今年、ニュルブルクリンクで開催されるADACチューリッヒ24時間耐久レースでメルセデスAMGのサポートを務める。 スポンサー契約... 続きを読む