ドローン投資トレンド2018〜数字でわかる商業用ドローン市場

2018-06-12 掲載

昨年、ドローン業界はすさまじいスピードで成長し、中でも戦略的提携の成長は顕著だった。以前から提携において頻繁に最新情報を提供してきたが、なぜ今、提携がそれほど重要になっているのだろうか。今回も提携先のDRONEII.COMが、ドローン投資トレンド2018レポートの販売を開始した。

ドローンへの投資トレンドというのはドローン産業の未来を予想するための強力な指標となる。 低価格のドローンやセンサー付き機能などはすぐにあらゆる産業で採用され始めた。また一方で、商業用ドローン市場は巨額投資を惹きつけるエコシステムを作り出した。

ドローン、センサー、グランドステーションなどのハードウェアに加えて、ソフトウェア・ソリューションとサービスがそのエコシステムの構成要素である。ここ5年間で、急速に技術が発達したことから、ドローンは現在、大きな重量のものも運ぶことが可能となり、自動運転型空中タクシー(AAT)という新たな分野の開拓している。その他の分野では、警備が難しい地域の安全を探知により確保し、ローグドローンを突き止めて妨害する(カウンターUAVやCUAVなどでも知られる)などを行っている。

このダイナミックな市場の構造を理解するユニークな方法として、全体から細部に至るまでの市場モデルとは離れて、投資傾向や展望などをかなり高精度に推定できるものがある。それは報告書という形式で、商業用ドローン市場の発展に影響を及ぼすような大手市場関係者の投資取引や傾向に関する情報を述べている。

計44の主要産業関係者と投資家について細部にわたった情報を提供している。また全ての投資取引は領域、分野、部門ごとに分かれて扱われている。

市場動向をよりよく理解するためには、その市場構造を理解するのが大切だ。競争力を維持し、市場の推移を明確に捉えることは戦略的パートナーシップと同じくらい重要なのである。ある製品または会社が戦略面で重要な役割を占拠し、買収の注目を独占してしまっているような場合もある。この報告書では、ハードウェア、ソフトウェア、サービスといった部門また領域面での全体的な成長などすべてが詳細に扱われている。

この報告書は全ての分野や些細な変化について詳細に述べている。特に分野ごとの推進源に焦点を当てている。

報告書内で扱われている主要な問題

  • 分野・部門ごとの現在の投資価値
  • どのように、また、どうしてドローン市場は変化したのか。そしてどういう方向へ向かっているのか。
  • 商業用ドローン市場における投資家やその他重要な関係者はどういう人なのか。
  • ソフトウェアの分野は全市場に対しどのように影響を及ぼすのか。
  • M&Aで重視されているのは何なのか。
  • 現在の戦略的パートナーシップの裏にある推進源は何か。
  • また、この報告書は

  • ドローン・UVA製造者
  • 投資家
  • コンポーネントとシステム製作者
  • ソフトウェアやアプリの開発者
  • システム・インテグレーター
  • 産業団体や組合
  • 政府機関
  • 投資家コミュニティ
  • 起業家
  • にとって役立つだろう。この調査サービスには投資取引、パートナーシップ、新興テクノロジー、トレンドやその展望が含まれている。他では手に入らない市場情報が45ページにものぼる量で詰め込まれている情報の宝庫である。読めばすぐに商業用ドローンの市場傾向に関する基礎知識が得られる。この報告書は2006年からの資金情報をすべて吟味し、分野・部門ごとの投資価値の推移を示している。この報告書は有料で下記から購入することができる。

    ▶︎Report | Drone Investment Trends 2018
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DRONEII、2019年版ドローン市場マップ発表。細分化、多様化する業界の今を知る

    2019年版Mapは下記、記事文末よりPDFをダウンロード可能 昨年に引き続き、DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が20... 続きを読む

    大事なお金の話:ドローン最新投資トレンド2019

    昨年末赤外線カメラの製造を専門とするFLIRが2億ドルでUAV開発企業Aeryon Labsを買収し、以前公表された最高出資額1億3400万ドルの記録を塗り替えた。2018年はドロ... 続きを読む

    2019~2024年のドローン市場:押さえておくべき5つのポイント

    提携先のDRONEIIから押さえておくべきドローン産業の最も重要な市場トレンド発表があったので紹介しよう。 1.2024年までにドローン市場の売上高は430億ドルに成... 続きを読む

    ドローンとAI 2.0:ドローンデータ分析から見る産業への実用展開

    前回の記事では、ドローンと人工知能(AI)の関連性を紹介するため、ドローンのインテリジェントデータ処理の原理を説明した。 ドローン業界におけるAIの最重要目標の1つは、ドロー... 続きを読む

    ドローンとAIについての考察[DRONEII]

    提携先のDroneiiがドローンとAIについての考察を発表した。「実用性の高いデータ」、これはおそらくドローン産業においてパワフルで有用なドローンの次に大きな原動力だ。ドローンは大... 続きを読む