「FAI ドローンレーシング 世界大会」 FAIがJMA、ALIなどと2020年日本開催にむけて 協力に合意

2018-06-21 掲載
会談が行われたAero Club De Franceにて会談。左から小松周平氏、ブルーノ・ドロール氏、菅木 紀代一氏

2020年にFAI Drone Racing世界大会の日本開催を目指し、スカイスポーツの国際大会を統括する国際航空連盟(FAI)とパリで会談を行った。会談は国際航空連盟(FAI)から航空模型委員会(CIAM)のDrone Racing会長ブルーノ・ドロール氏、日本からは、代表として日本模型航空連盟(JMA)菅木紀代一氏、株式会社Aerial Lab Industries(ALI)小松周平氏の三者で行われ、ドローンレーシングの現状と今後について語られた。

FAI Drone Racingの世界大会を2020年に日本で開催することに向けてFAIのブルーノ・ドロール氏と協力することに合意。日本におけるFAIの加盟組織である日本模型航空連盟の菅木氏と連携したという。

FAIにおけるドローンレーシング

FAIはブルーノ・ドロール氏を中心に2015年10月にドローンを正式に競技化することを決定、2016年からFAIによる指導と組織化がはじまった。FAIが公認する大会をワールドカップと称し2016年に9大会(参加者230名)、2017年には16大会(参加者430名)、2018年は25大会(参加者見込み630名)が世界中で行われている。

公認にあたってFAIは参加者が加盟クラブの発行するFAI Sporting LicenseもしくはDrone Permissionsを有することを条件とした。

また2018年11月にはFAIが統括する初めてのワールドチャンピオンシップ(世界選手権)が中国の深圳で行われる。会談の中で、ブルーノ・ドロール氏はFAIが2019年以降に新たなシステムで世界大会を開催するコンセプトがあることについて言及。

菅木氏、小松氏はFAIが新たに始めるドローンレーシングの世界大会を2020年に日本で開催することを目指しFAIと協力することで合意した。

▶︎FAI Drone Racing
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[ドローンレースへの道]Vol.10 世界最大規模!FAI公式初のドローンレース世界選手権がドローンのメッカ中国深センで開催

FAI公式世界選手権は初開催 Photo: Marcus King / FAI ドローンレースが世界各国で開催されるようになり約3年。FAIの公式世界選手権としては初めてと... 続きを読む

「FAI/F3C RCヘリコプター日本選手権2018」で伊藤選手が優勝。~PRODRONE「PDH-02C」を使用して

優勝した伊藤寛規選手とPRODRONE製「PDH-02C」(写真提供:ラジコン技術) PRODRONEは、F3C競技者コンペティションモデル「PDH-02C」を、TKKワーク... 続きを読む

自動操縦の救急飛行ドローン、FAIの賞金20000ドルを獲得

(C) FAI INTERNATIONAL DRONES CONFERENCE AND EXPO Vincenzo Navanteri氏は、スイス・ローザンヌで開催された第二... 続きを読む

Drone Fund 2号ファンド立ち上げ〜時代はドローン前提社会&エアモビリティ社会へ

ドローンスタートアップ特化型ファンド「Drone Fund」は、7月31日(火)に龍ヶ崎飛行場(茨城県)にて、第2号ファンドの立ち上げを発表した。1号ファンドを立ち上げ、ドローン業... 続きを読む

マイクロドローン、股抜き映像の裏側!超最先端MVのメイキング映像公開!J☆Dee’Z

今世界各国から注目を集めている超最少のマイクロドローン。このドローンを使って全編構成し、メンバーの股下や顔の真横も通る迫力満点なMVが話題となったボーカル&ダンスグループ・J☆De... 続きを読む