日本ドローンビジネスサポート協会が岡山県・玉野市と防災協定を締結

2018-07-06 掲載

一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会は、6月29日に岡山県・玉野市と「災害時における無人航空機による協力に関する協定」を締結したことを発表した。

災害時における無人航空機による協力に関し、玉野市と協議をすすめた結果、協定を締結する運びとなったという。具体的には玉野市の有事の際に、同協会に所属するパイロットおよびドローンを現地に派遣し、

■災害現場等の撮影及び画像解析

  • 災害状況調査
  • 人命捜索など

■緊急物資の輸送

などの協力を行う。

この協定締結を機に玉野市と更なる連携強化を図るとともに、協会会員の防災意識向上、ドローン操作技術の向上に努めるとしている。

(以下、プレスリリースより引用)

災害時における無人航空機による協力に関する協定

日時:平成30年6月29日(金)14時~
場所:玉野市役所
出席者:【玉野市】
市長 黒田様
総務部長 市倉様

(一社)日本ドローンビジネスサポート協会

代表理事 森本宏治
代表理事 森本亜矢子
会員(玉野市) 植松鷹矢
協定内容:災害時における無人航空機による協力に関すること

一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会

関連する記事

日本ドローンビジネスサポート協会、ドローン映像専門チャンネル「drone+TV」を開設

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会は、ドローン空撮映像に特化した専門チャンネル「drone+TV(ドローンプラスティービー)」を開設した。 drone+TV... 続きを読む