ナンセイ、PRODRONEとともに沖縄型ドローン開発へ 強⾵、スコールにも強く

2018-07-09 掲載

琉球政府時代の公⽂書のデジタルアーカイブ化事業などを⼿掛けるNansei(以下:ナンセイ)は29⽇、産業⽤ドローン関連の事業を開始すると発表した。産業⽤ドローンを開発、製造するPRODRONEと販売契約を結び、強⾵や突然の⼤⾬の中でも⾶⾏できる沖縄海洋型ドローンの開発を⽬指す。

ナンセイはこれまで、史跡の上空撮影などで⼀般⽤ドローンを使⽤してきた。砂川社長は

機能や能⼒、操作性などで物⾜りなさを感じた。⽬的にあったドローンの必要性を感じていた

と話す。PRODRONE社のドローンをベースに、顧客の⽤途や要望に合わせて改良し、販売だけでなく運⾏システムや運⽤の管理、指導、メンテナンスなど全体のサービスを提供する予定という。

28⽇に座間味島で実施したデモンストレーション⾶⾏では、着⽔可能なドローンを使って海中のサンゴの様⼦などを撮影した。サンゴの⽩化現象や養殖モズクの⽣育状況の確認などに活⽤でき、⼈が潜って調べる⽅法に⽐べコストダウンが期待できる。他にも物品をつかむウインチの設置や⾶⾏時間の延⻑、物資輸送可能な収納ボックスの追加など、さまざまな改良が想定されるという。

⾃治体と提携し海域で試験を⾏い、取得データを基に課題を解決していく。砂川社⻑は

離島⾃治体から物資輸送の実証実験の話は来ている。強⾵時の離島間輸送事業については実現性が⾼いと思う

と語った。3年以内に5千万円、さらに数年以内に1億円の売り上げを⽬指すという。

PRODRONE社の菅木紀代⼀副社長はこう語る。

菅木氏:⾵洞実験では30メートルの強⾵でも簡単に⾶べるが、実際の⾃然の中では島に当たった乱気流や、海⽔を含んだ重い⾵もある。沖縄で使えるドローンを開発できれば世界でも使える。⾮常に良い実験の場になる。

両社は7⽉5⽇午前10時から午後4時まで、那覇市⼩禄の沖縄産業⽀援センターで展⽰会を実施する。

ナンセイ
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西沢氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRDORNE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安心... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

PRODRONE、対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」にかける思いとは?[JapanDrone2019]

PRODRONEは、対話型救助パッセンジャードローン「SUKUU(スクー)」を開発し「ジャパン・ドローン2019」に初出展を行う。いち早くパッセンジャードローン構想を打ち出して来た... 続きを読む

PRODRONE、多くの企業でPRODRONE機体採用、全16機体、新型6機体の発表 [JapanDrone2019]

PD8X(各種センサー標準装備の折りたたみ式ダブルローター8枚機) 株式会社プロドローンは、3月13日~15日幕張メッセ(千葉県)にて開催される「ジャパン・ドローン2019」... 続きを読む

KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

KDDIは、モバイル通信ネットワークを利用し、安全運用を可能な「スマートドローン」で、監視や点検作業の効率化・低コスト化を実現する用途別ソリューションのサービスを6月開始する。 ... 続きを読む