Facebook、インターネットドローン計画を断念

2018-07-17 掲載

フェイスブック社はオリジナルのドローンを開発・製造するという計画を断念した。このAquilaプログラムは「全世界を繋げる」というCEOマーク・ザッカーバーグ氏のゴールの一部をなすものであった。この計画は、インターネットがない遠隔地に飛ばしてインターネットを提供することができるドローンプロジェクトだった。同社は2015年にドローンの製造に成功していた。そして実際の規模での完全なテスト飛行も行い、様々な結果をみてきた。

しかし、同社はそのような航空機の設計・製造から身を引き、その技術に投資を開始した航空宇宙産業の専門家に任せていくと発表した。

これらの開発を行ってきたが、私達は自社製の航空機の設計、製造をもう行わない決断を下した。

フェイスブックのエンジニアリングディレクターのヤエル・マグワイヤ氏はブログにこう記した。そのかわり、同社はAirbusといったパートナーと協働し、長時間高空を飛べるドローンを開発し、空からインターネットを発信していくとしている。

世界中の何百万という人が依然としてインターネットにアクセスできない状態にあり、フェイスブック社のようなテクノロジー系の大企業がそのような人たちのために空からインターネットを発信する方法を追求してきた。

グーグル社の親会社であるアルファベット社はLoon Projectを行っており、そのプロジェクトでは高高度まで到達できる気球を利用して遠隔地にインターネットを提供しようとしている。その気球はペルーとプエルトリコで発生した自然災害後に実際使用された。SpaceX社は無数の小さな衛星を宇宙に放ち、高速ブロードバンドを世界中にもたらしたいとしているが、これらの計画はいずれもまだ初期段階でしかない。

フェイスブック社は他の手法も試してみた。昨年、同社はインターネットケーブルに接続された小さなヘリコプターを利用したプログラムを披露し、災害が起こった地でも人々がインターネットに接続できるようにしようとしていた。

Aquila
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Facebook、ドローン「Aquila」の二度目飛行実験成功

Facebookの最高経営責任者マーク・ザッカーバーグ氏の発表によると、2年間開発を続けてきた太陽光発電による大型ドローン「Aquila」の飛行に再び成功したという。ある意味今回が... 続きを読む

ドローンがルイジアナ州の洪水から命を救う

最近地球上の災害が多い。2016年8月に起きたルイジアナ州の大洪水は、4年前のハリケーン「サンディ」以来の深刻な被害をアメリカにもたらした。この災害に対して、あるドローン企業は人々... 続きを読む

[小林啓倫のドローン最前線]Vol.10 「地雷除去ドローン」の可能性

地雷除去作業にドローンを 触れた者を無差別に殺傷する地雷。その非人道性から、対人地雷を禁止するオタワ条約が1997年に締結され、1999年に発効した。赤十字国際委員会によれば... 続きを読む

Facebook、ソーラー飛行機「Aquila(アクィラ)」の初飛行に成功

Facebookは、高高度で長距離飛行が可能な無人ソーラー飛行機Aquilaの本格的なテスト飛行に成功したことを発表した。以前Aquilaの完成を報道発表していたもの。 Aq... 続きを読む

[小林啓倫のドローン最前線]Vol.09 ソーシャルメディアで加速する「ドローン生中継」の世界

  2010年代に入ってホビー用ドローンが流行した一因として、その空撮性能が挙げられることが多い。高性能のジンバルが備えられていたり、機体に内蔵されていたりとその形態はさまざま... 続きを読む