アストンマーティン、空飛ぶパーソナルモビリティ「Volante Vision」を発表

2018-07-24 掲載

アストンマーティンといえば、イギリスの名門自動車メーカー。そのアストンマーティンも満を持して空飛ぶ車(パッセンジャードローン)に着手したようだ。Volante Vision Concept(ボランテ・ヴィジョン・コンセプト)はアストンマーティンの空飛ぶパーソナルモビリティだ。クランフィールド・エアロスペース・ソリューションズやクランフィールド大学、ロールスロイスと共同で制作されたこのコンセプト段階の機体は、垂直な離着陸が可能であり、アストンマーティンの先進的デザインが持つ独創性を体現している。

空中移動というのは未来の交通手段を語る上で極めて重要であり、「Volante Vision Concept」はモビリティ革命におけるアストンマーティンの影響力の大きさを物語っている。

River Services. Summer 2016. Photo: Eleanor Bentall Tel: +44 7768 377413

大人3名が乗車可能だというこのコンセプトは、近未来の研究プロジェクトであり、自動運転の空飛ぶハイブリッドカーである。都市部や都市間での空中移動が想定されており、速くて効率的、渋滞に左右されない空の旅を可能にする。

「Volante Vision Concept」は航空宇宙科学や電動化、自律テクノロジーといった分野の最新の研究成果をフルに活かすとともに、アストンマーティンのシンボル的デザイン性との融合を実現する。

クランフィールド・エアロスペース・ソリューションズ、クランフィールド大学、ロールスロイス、そしてアストンマーティンの協力体制の下、このコンセプトは世界でもトップレベルの航空宇宙科学の専門家、推進専門家、デザイナーたちを結束させた。

プロジェクトパートナーがそれぞれ提供する技術によって、「Volante Vision Concept」の、世界中の顧客にワクワクするような代替交通手段を提供するという約束はより確固なものとなるだろう。空を目指す魅惑に満ちたレースの始まりだ。

Volante Vision

関連する記事

Hoversurf、ドバイ警察とホバーバイク運用に向けてトレーニング開始

テクノロジーエキスポ「GITEX」にてドバイ警察のイメージカラー、グリーンとホワイトの塗装を施したホバーバイクが披露されてから1年、カリフォルニアのベンチャー企業Hoversurf... 続きを読む

8人に1人が「無人航空機に乗りたくない」との結果

ビジネス航空と個人飛行の将来を考え、改革する場であるRevolution.Aeroのリサーチ(*1)によれば、「無人航空機に乗りたい」と答えたのは全体の13%とのこと。男性は5人に... 続きを読む

フィリピン人発明家、一人乗りドローンDIYし、発表

元フィリピン人ダンサー、俳優、カメラ・オペレーターでもあるKyxz Mendiola氏が、発明家デビューし、パッセンジャードローンを発表した。 Mendiola氏のドローンに... 続きを読む

Ehang、戦略的自己破産へ?パッセンジャードローンの商業化に向けての秘策

今年5月に破産申請を行った中国ドローンメーカーEhang社。リチャード・リウCFO(最高財務責任者)によれば、破産申請は単なる「社内の戦略調整」であり、パッセンジャードローンの商業... 続きを読む

ロールスロイス、ファーンボロー国際航空ショーにてEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクト発表

ロールスロイスは、ファーンボロー国際航空ショー2018にてコンセプト段階のEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクトを初公開した。この機体は、個人用移動手段としてはもちろん、公共交... 続きを読む