LoonとWing、Google Xから独立

2018-07-27 掲載

Google Xの下でスタートした際には「正気の沙汰ではない」プロジェクトだとみなされていたLoonとWingだが、今では状況が全く異なっている。惜しみない努力、そして繰り返し行われたテストのおかげで、LoonとWingはXを卒業し、Alphabet傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ることとなった。

他のAlphabetプロジェクト同様、X時代に設定されたゴールは変わらないという。Loonはモバイルネットオペレーターと提携し、今までインターネットを利用できなかったり、その恩恵に十分にあずかれなかった世界中の人々にネット接続を提供することを目的としている。Wingはドローン配送システムを構築し、物流のスピード、コスト、環境への影響面での改善を図る。さらに、ルートに沿った安全なドローン飛行を実現するため、ドローン交通管理プラットフォームの整備を進めている。

Alphabet設立時の企業精神に則り、これら新会社にもそれぞれ個別に代表者が設けられた。Alastair Westgarth氏とJames Ryan Burgess氏がそれぞれLoonとWingのCEO(最高経営責任者)に就任し、Adam Woodworth氏がWingのCTO(最高技術責任者)に任命された。

Loon
Wing
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ソフトバンク子会社HAPSMobileが、Loonに1億2,500万米ドルを出資

ソフトバンクの子会社HAPSMobileが、Alphabetの子会社「Loon」に高高度通信ネットワークの展開に向け1億2,500万米ドルを出資し、戦略的関係の構築について、この4... 続きを読む

Alphabet「Wing」、フィンランドで10分間のドローン配達トライアルを実施

Alphabet(Google)傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ったドローン配達サービスであるWingが、来年フィンランドでトライアルサービスを開始すると発表した。2019年... 続きを読む

Googleの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクト中止へ

Googleの親会社であるAlphabetは世界中の遠隔地でインターネットアクセスを可能にするために設計された太陽光発電ドローンプログラム「Titan」を中止させるようだ。 ... 続きを読む

会議はドローンとともに。Google社の最新特許技術とは会議用ドローン?!

ドローンという機材が開発されて一番イノベーティブだと思われるのは、やはりテレプレゼンス(遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)が実現し得るということ... 続きを読む

Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

Google Project Wing drone delivery projectGoogle FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Admini... 続きを読む