DRONE

DJI主催のロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」が閉幕。中国・広州の華南理工大学が200チームの頂点に

DJI主催のロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」が閉幕。中国・広州の華南理工大学が200チームの頂点に

中国、深圳で開催された、DJI主催のロボットコンテスト「ROBOMASTER 2018」は、華南理工大学の優勝で7月29日に閉幕した。優勝した華南理工大学には、ゴールドメダルと500,000人民元(約800万円)が贈呈された。RoboMaster 2018には、世界中から200チーム、約10,000人の学生エンジニアが参加し、決勝では32チームが熱戦を繰り広げた。

RoboMasterには、ロボットの設計、開発を学び、次世代を担う学生エンジニア達が世界中から参加し、チーム単位で競い合った。RoboMasterは、サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博すとともに、そのゲーム性に加えて、会場での音響など臨場感溢れる演出により、誰もが楽しめるエンターテインメント性の高い次世代ロボットコンテストだとしている。

RobotMasterのプロジェクト マネージャ- Shuo Yang氏は次のようにコメントしている。

Shuo Yang氏:RoboMaster 2018に参加した全てのチームに感謝するとともに、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた優勝チームの華南理工大学に、心からの賛辞を送ります。革新的なテクノロジーとゲーム性、そしてエンターテインメントを組み合わせたRoboMasterは、世界中の学生エンジニアにとって、楽しんでもらえる大会になっています。

同時に、この大会は、将来エンジニアを目指す学生たちが、自分たちの才能と努力の成果を披露できる絶好の機会でもあります。学生たちは、RoboMasterを通して自分たちの創造的な視野を広げ、ソリューションを開発して、いつか社会に役立つ実用的なアプリケーションを作ることができるようになるでしょう。

RoboMasterの決勝トーナメントはTwitch.tvで中継され、30ヵ国の990,000人を超える世界中の視聴者がオンラインで観戦したという。

華南理工大学チームのキャプテン Wenhui Chen氏は次のようにコメントしている。

Wenhui Chen氏:参加が決まってから今日までの9ヶ月間、毎日がワクワクする素晴らしい日々でした。RoboMasterは、理論的な知識を実践へと移せる機会を与えてくれたので、素晴らしい技術を使って、まさにリアルなロボットを構築できました。自分たちが作ったロボットが、思ったように動き、たくさんのチームと対戦できたことは、本当に感動的でした。

準優勝は遼寧省の東北大学、第3位は中国鉱業大学。準優勝のチームには300,000人民元が、準々優勝チームには100,000人民元が贈呈された。今年で4回目を迎えたRoboMasterは、世界中のエンジニアやロボットコミュニティから広く支持されており、ワシントン大学、カーネギーメロン大学、バージニア工科大学や香港科技大学など、米国、香港、日本、カナダやシンガポールのチームも参加した。

Return Top