DJI、Hasselbladのカメラを搭載した「Mavic 2 Pro」と、ズームレンズを搭載した「Mavic 2 Zoom」を発売

2018-08-24 掲載

DJIは、 同社のフラグシップシリーズ「DJI MAVICシリーズ」に、シリーズ初となる1インチセンサーを搭載した「DJI Mavic 2 Pro」と、コンシューマ機として初めてズームレンズを搭載した「DJI Mavic 2 Zoom」を発売した(出荷開始は8月下旬予定)。希望小売価格はMavic 2 Proが税込189,000円、Mavic 2 Zoomが税込162,000円。両モデルともに、機体、バッテリー、送信機、充電器、プロペラ(3組)が含まれる。Fly Moreキットは、予備バッテリー(2個)、マルチバッテリー充電ハブ、カーチャージャー、バッテリーパワーバンクアダプター、プロペラ(3組)、キャリーバックが含まれており、税込39,000円。

Mavic 2 シリーズは、Mavic Proの折りたたみ式デザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザーと、ハイパーラプスやアクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載したモデル。

Mavic 2 ProにはHasselblad社製カメラを搭載

Hasselbladとのパートナーシップにより、Mavic 2 ProにはHasselbladのカメラを搭載。10-Bitカラープロファイルに対応した1インチCMOSセンサーは、センサーサイズがMavic Proと比べて約4倍となった。Mavic 2 Proは、Hasselbladが独自に開発したHasselblad Natural Color Solution (HNCS:ハッセルブラッドナチュラルカラーソリューション)技術を搭載し、色彩の細部まで忠実に再現できる20MPの空撮映像を撮影可能だとしている。また、F値2.8-F11の範囲で絞り値を調整可能なため、さまざまな環境下での撮影にも適している。

Mavic 2 Zoomではコンシューマー向けドローンとして初めてズーム機能を搭載

1/2.3インチCMOSセンサーのMavic 2 Zoomは、コンシューマー向けドローンとして初めてズーム機能を搭載している。12MPの撮影性能に加え、光学ズームを使用した撮影機能は、9枚の写真を自動で撮影、合成し48MPの超高解像写真を生成するため、風景写真などを撮影する際、細部まで色鮮やかに表現できるとしている。

また、Mavic 2 Zoomは、デジタル2倍ズームと光学2倍ズーム(24mm–48mm)を組み合わせ、フルHD解像度のロスレス動画を撮影可能な96mm相当の中望遠を実現。クイックショットに新しい機能となるドリーズームを追加しており、被写体から離れながらズームインするため、被写体のサイズは同じ状態に保ったまま背景の遠近感だけが変化し、背景が近づいてくるような視覚効果を映像に付けられる。

Mavic 2は、インテリジェント機能を搭載しており、今回新たにハイパーラプス機能を搭載した。「DJI GO 4」アプリで、フリー、サークル、コースロック、ウェイポイントモードのいずれかを選択するだけで、タイムラプス映像を撮影可能。

  • フリー:ハイパーラプス動画を撮影しながら、マニュアルで飛行させる
  • サークル:選択した被写体の周辺をサークル状に自動飛行し、動画撮影を行う
  • コースロック:直線飛行中にカメラを被写体に固定し、動画撮影を行う
  • ウェイポイント:高度とGPS座標の両方に基づいて飛行経路を計画し、動画撮影を行う

また、強化されたアクティブトラック2.0は、自律追尾と障害物検知機能を組み合わせているため、移動中の被写体をこれまで以上に簡単にフレームに納めることが可能。Mavic 2では、メインカメラと前方のデュアルビジョンシステムが、3Dマップを作成し、新しく搭載した軌道アルゴリズムが被写体の動きを分析するため、被写体の経路を最大3秒先まで予測する。また、Mavic 2は、3Dマップを読み込み、障害物を検知しながら追尾するので、被写体が瞬間的に障害物の後ろに隠れても途切れることなく撮影し、被写体の移動速度が最大72km/hまで追尾可能だ。

カメラは両モデルともに、4Kの画質動画で被写体の細部まで描写し、H.265圧縮コーデックを使用した最大100Mbpsで録画可能。拡張HDR機能では、一連の写真を合成した際に、ゴーストを除去したHDR写真を生成する。ダイナミックレンジは、Mavic 2 Proが最大14ストップ、Mavic 2 Zoomでは最大13ストップ。

Mavic 2では自律飛行機能を搭載。強化されたFlightAutonomyシステムが、より正確な障害物検知と安全な飛行を実現し、DJIで初めて機体の全方向にセンサーを搭載しており、飛行経路上にある障害物を自動で検知し、衝突を防ぐ。

進化したAdvanced Pilot Assistance System(APAS:高度操縦支援システム)では、8つのセンサーから機体の周囲を分析し、停止することなく自動で障害物を検知しながら飛行する。また、Mavic 2には自動で点灯する底部LEDライトが搭載されているため、低光量な環境下でも安全かつ正確に着陸できるとしている。

刷新されたOcuSync 2.0動画伝送システムは、ドローンと送信機間のより安定した接続を実現。耐干渉性に優れたこのシステムは、2.4GHzおよび5.8GHzの両周波数帯に対応している。自動切替にも対応し、アップリンクとダウンリンクのデータストリームに異なる周波数を利用することも可能だ(日本国内は2.4GHzのみ利用可能)。また、最大伝送距離8kmの1080p動画伝送が可能で、アプリ上の動画キャッシュからフルHD映像を直ぐに編集し、アップロードできる。JPEGのオリジナルの解像度の写真は、直接モバイル端末に保存可能なため、機体のmicroSDカードからファイルを取り出す必要なく、写真をすぐにシェアできる。

Mavic 2の機体は、従来モデルのMavic Proより空気力学の観点から再設計され、最高速度で飛行中のMavic 2の抗力は19%低減し、最大速度72km/hで飛行可能(スポーツモード有効時)。また、高効率で静音の推進システムと低ノイズプロペラにより、最大飛行時間は31分となった。3軸メカニカルジンバルを搭載し、飛行中もカメラの安定性を保つ。撮影した写真や動画は、機体の8GB内蔵ストレージおよび、最大128GBのmicroSDカードに保存可能。

送信機は、コントロールスティックを脱着できるデザインを採用し、保管や携帯が容易となった。Mavic 2は、DJI Gogglesに対応し、ヘッドトラッキングモード時のジンバル(ヨー)制御範囲は-75°~+75°でFPV飛行を体験できる。

DJIのプレジデント Roger Luo氏は次のようにコメントしている。

2年前に発表したMavic Proは、ドローンを再定義し、世界中のクリエイターたちの可能性を広げました。DJIは、空撮の新しい時代を告げるフラッグシップモデルMavic 2シリーズのMavic 2 ProとMavic 2 Zoomを本日発表します。カメラマンや映像制作者はインスピレーションを感じたその瞬間にMavic 2を飛行させ、撮影し、クリエイティブなアイデアを実現できるでしょう。

Mavic 2

この記事に関連する商品

DJI Mavic 2 Pro [SYSTEM5]

DJI Mavic 2 Pro [SYSTEM5]

販売価格:¥194,000(税込)
DJI Mavic 2 Zoom [SYSTEM5]

DJI Mavic 2 Zoom [SYSTEM5]

販売価格:¥162,000(税込)

関連する記事

DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売

DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を2019年8月13日より、アップルストア各店舗で先行販売開始を8月14日より... 続きを読む

DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?

DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。 これまでもそのティザーにそのヒントが隠され... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を開催

DJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を2019年8月3日から11日まで中国深圳市で開催する。RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニ... 続きを読む

参加者募集中!ドローン先進国アメリカで学ぶ「DJI AirWorks 2019 JAPAN TOUR」開催

産業ドローンのユーザー、専門家、技術者、政策立案者の年次カンファレスである「DJI AirWorks」が2019年9月24日から26日までの3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催され... 続きを読む

[Reviews]Vol.32 可能性は無限大!?誰でもエンジニアになれる「RoboMaster S1」[プログラミング検証編]

DJIから発売された地上走行ロボットRoboMaster S1。一見ラジコンのようですが、本格的なプログラミングができるロボット工学教材です。プログラミングができる教育教材と言えば... 続きを読む