経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

2018-08-27 掲載

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立した。

自動車や航空機の業界などの有志が集まる団体や、ドローンなどのベンチャー企業、投資ファンドなどの様々な分野の関係者が、都市の渋滞を避けた通勤、離島や山間部での新しい移動手段、災害時の救急搬送や迅速な物資輸送などの構想を描き、空飛ぶクルマの研究開発をはじめている。

同協議会は、こうした構想を具体化し、日本における新しいサービスとして発展させていくために設立された。「民」の将来構想や技術開発の見通しをベースに、「官」が、民間の取組みを適時適切に支援し、社会に受容されるルール作りなどを整合的に進めていくことが重要であるとして、共同でロードマップを作成する。官民の歩調をそろえつつ、空飛ぶクルマの実現を目指す。

PRODRONE社が開発中のAEROCA。機体上部に4機、尾翼部分に1機のプロペラという機構。2人乗りで、目的地まで自動で飛行するシステム。電動モーター仕様で飛行時間は30分、発電機とモーターを組み合わせた場合は60分を想定。飛行速度は時速120キロメートル。

第1回会合は平成30年8月29日に開催され、Drone Fund、CARTIVATOR、日本電気株式会社、株式会社プロドローン、テトラ・アビエーション株式会社、株式会社Temma、Uber Technologies Inc.が空の移動の将来像についての発表を行う。

GoFly ファイナリストのteTra 3を開発中のteTraは学生・社会人の有志プロフェッショナルからなるプロジェクトチーム
▶︎ 「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

関連する記事

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤寛規選手「FAI/F3C世界選手権2019」個人優勝で世界1位を獲得!チームJapanも団体優勝!

世界1を勝ち取った伊藤選手と相棒である「PDH-02C」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)が「PDH-02C」を機体提供している伊藤寛規選手(TKKワークス所属... 続きを読む

[Report Now!] PRODRONE、新社屋へ移転。屋内試験飛行場を構え研究開発・製作まで全てがワンストップ。高い技術力で産業用ドローン業界を牽引

ドローン開発エンジニアの為に最高の開発環境を用意 名古屋を中心に日本全国へ、そして北米で活躍する産業用ドローンシステムソリューションカンパニーである株式会社プロドローン(以下... 続きを読む

空飛ぶ車「teTra」が資金調達。1/1サイズの試作機を製作

「teTra」離陸時イメージ画像 空飛ぶ車の開発を行っているテトラ・アビエーション株式会社は、第三者割当増資により約5,000万円の資金調達を行ったことを発表した。同社への投... 続きを読む

PRODRONE、ドローン通信の高秘匿化で電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西澤氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRODRONE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む