センシンロボティクス、DJI主催「AirWorks China 2018」へ出展

2018-08-29 掲載

株式会社センシンロボティクスは、2018年8月30日(木)~31日(金)に中国・上海で開催されるドローンユーザーやディベロッパー向けのDJI主催カンファレンス「AirWorks China 2018」に出展する。

同カンファレンスは、ドローンを活用した最新の技術やシステムを共有し、各業界が抱える課題に対してドローンを利活用したソリューションを提案するカンファレンス。ディベロッパー、パートナー、オペレーターが、どのようにドローン・エコシステムを変容させ、その可能性を拡げることができるのかを議論する。

同社は太陽光発電設備向け点検自動化パッケージである「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用を実現する「DRONEBOX」、先日発表された業務自動化統合プラットフォーム「FLIGHT CORE」などの公開展示を行う。

(以下、プレスリリースより引用)

■太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」
ドローンを用いた太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」は、ドローンを自動航行させてデータを取得するところから解析・レポート出力までを自動化し一気通貫で提供することで業務を抜本的に変えることが可能なサービス。英語化及び機能追加で海外展開に対応。

■完全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX(ドローンボックス)」
DRONEBOXは、「自動化」「汎用化」の取り組みを推進する弊社ソリューションのコアとなる、ドローンの自動離着陸・自動充電・データリンクを可能とする完全自動運用システム。

■ドローン業務自動化プラットフォーム「FLIGHT CORE(フライトコア)」
顧客業務の自動化を実現する、統合プラットフォーム。地上管制システム、業務実績管理システム、データ連携システムの3つのシステムから構成され、特別な知識や技術がなくてもドローンによる業務自動化を簡単に実現可能。

また、30日には同社の代表取締役社長 出村 太晋氏による「日本市場における業務自動化の先進的な取り組み」をテーマとした登壇も予定しており、日本市場における先進事例の紹介や今後リリース予定のパッケージソリューションの発表を行う予定だ。

株式会社センシンロボティクス

関連する記事

センシンロボティクス、総務省消防庁が消防職員を対象認定する「ドローン運用アドバイザー」育成研修実施

株式会社センシンロボティクスは、総務省消防庁が行うドローン指導者を育成する「ドローン運用アドバイザー」研修講師として参画し、2020年1月29日~31日の3日間、福島ロボットテスト... 続きを読む

RoboMaster 2020日本予選「RoboMaster 2020 Japan Open」3月開催

ニワカソフト株式会社が運営するRoboMaster日本委員会は、2020年3月20~22日の期間中「RoboMaster 2020 Japan Open」を開催する。場所はけいはん... 続きを読む

DJI、「Let’s Fly! 初めての空飛ぶカメラ」をテーマにドローンの空撮・飛行体験イベントを名古屋で初開催

DJI JAPAN 株式会社は、「Let’s Fly! 初めての空飛ぶカメラ」をコンセプトとしたドローン操縦体験イベントを全国で開催しており、1月末の大阪会場に続き、第2回目となる... 続きを読む

センシンロボティクス、住友商事の物流施設において「SENSYN DRONE HUB」の警備監視・巡視点検の自動化における有用性を確認

株式会社センシンロボティクス(以下:センシンロボティクス)は、住友商事株式会社(以下:住友商事)が開発した物流施設「SOSiLA(ソシラ)」において、完全自動運用型ドローンシステム... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む