DFA、陸上配送サービスを対象とした陸上ドローンの取り扱いを開始

2018-08-29 掲載

産業用ドローンを用いたインフラ構築をする株式会社Drone Future Aviation(DFA)は、新たに、陸上配送サービスを対象とした陸上ドローン(自立運行型配送ロボット)の取り扱いを始める。これにより配送業者の人員不足問題の解決を図る。

今回取り扱うドローンはイタリアで実際に配送実験が行われている「Yape」。

「Yape」は親しみやすい見た目。顔認証システムを搭載し、最大積載量は70kgを誇り30%の傾斜・7㎝の段差を超えることが可能で、ヨーロッパ特有の凸凹した道でも走行可能な陸上ドローン。

同社は既に国内大手企業との実証実験を予定しており、数年後には実際に私たちが普段歩いている道路や、ビルに「Yape」などの配送用ドローンが共存している未来を目指すという。

株式会社Drone Future Aviation

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DFA、陸上配送ドローンによるラストワンマイルの無人配送に向け、日本郵便との実証実験を実施

株式会社DroneFutureAviation(以下:DFA)は、日本郵便株式会社(以下:日本郵便)が福島県南相馬市及び双葉郡浪江町で行なった配送実証実験に、陸上配送ドローン「YA... 続きを読む

DFA、慶応義塾大学 湘南藤沢キャンパスでイタリアからの陸上配送用ドローン「YAPE」の実証実験を実施

株式会社DroneFutureAviation(DFA)は、2018年9月5日に独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」の実証実験を慶応義塾大学 湘南藤沢キャンパスで行った... 続きを読む

世界最大級輸送ドローンGriff135が日本初上陸!慶大ら開催の湘南UAVデモンストレーションにて初飛行

株式会社DroneFutureAviationは、2018年6月25日に開催される屋外での「湘南UAVデモンストレーション」に出展し、大型産業用ドローンの活用を提案、大型重量を搭載... 続きを読む