官民協働、長野県伊那市がドローン物流プロジェクトを開始

2018-09-04 掲載
伊那市ドローン物流事業プロジェクト概要

長野県伊那市は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始する。同プロジェクトには、KDDI株式会社(以下:KDDI)と株式会社ゼンリン(以下:ゼンリン)が参画する。

地域住民や地元企業と連携して、ドローンを用いた新たな物流システムを構築することにより、中山間地域における買い物弱者支援と地域経済の振興を図る。

同プロジェクトは、「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」、「INAドローンアクア・スカイウェイ事業」という2つの事業で構成される。

空飛ぶデリバリーサービス構築事業

道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に、中山間地域内におけるドローンを活用した荷物配送の仕組みを構築する事業。各地で目視外飛行実験を積み重ねてきたKDDIの「スマートドローンプラットフォーム」により、地元スーパーや道の駅等と連携した具体的なビジネスモデルの構築を目指す。物流用ドローンによる輸送の確実性、安全性、採算性の確保など実用化に向けた運用の仕組みづくりを行う。また、今回の事業実施にあたっては、伊那ケーブルテレビジョン株式会社が参画により、ケーブルテレビを介した商品の受発注の仕組づくりを進める。

■業務委託予定者

  • KDDI株式会社

■企業提携

  • 機体:株式会社プロドローン
  • 管制システム:テラドローン株式会社
  • 地図情報:株式会社ゼンリン
  • 商品受発注:伊那ケーブルテレビジョン株式会社
INAドローン アクア・スカイウェイ事業

河川上空域をドローンの目視外自律飛行ルートとし、中心市街地と中山間地域を結ぶ新たな物流の仕組みを構築する事業。地図情報分野における多大な知見を有するゼンリンの「空の三次元地図」をベースに、伊那市の南北に流れる天竜川や、東西に流れる三峰川の上空域をドローンの長距離幹線航路として、中心市街地と中山間地域等を結ぶサプライチェーンの形成を目指す。ゼンリンは、これまでのドローン管制等の技術やノウハウを活かし、「商品の小口化、大量化、輸送の多頻度化への対応」を進める。

■業務委託予定者

  • 株式会社ゼンリン

■企業提携

  • 通信:KDDI株式会社
  • 気象情報:一般財団法人日本気象協会
  • 機体:株式会社プロドローン
  • 物流知見:国立大学法人東京海洋大学
  • コンサルタント:株式会社三菱総合研究所
  • 商品:株式会社ニシザワ、菓子庵石川 (伊那まちの再生やるじゃん会)

また、2つの事業を通じて構築するシステムは、伊那市内の製造業者等と共創により開発を進めることで、地域経済の振興や産業の活性化にもつなげる予定。今後、伊那市とKDDI、ゼンリンは、本プロジェクトを通じて、地域課題解決のリファレンスモデルとなる取組みを進めていくという。

日本初!河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築と、官民協働によるサプライチェーン形成を組み合わせた物流の事業化に向け、伊那市が実証をスタート

関連する記事

KDDIとLG Uplus、ドローン基盤開発に向け業務提携。スマートドローンプラットフォームを開発

KDDI株式会社と韓国の通信事業者であるLG Uplusは、モバイル通信ネットワークに対応したスマートドローン事業拡大に向けた業務提携契約を2019年6月27日に締結した。 ... 続きを読む

福島ロボットテストフィールドに相互接続試験の環境を整備、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムのAPI仕様書を公開

南相馬市復興工業団地内の「福島ロボットテストフィールド」における、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システム相互接続試験の環境整備に向けて、運航管理システ... 続きを読む

[Report Now!] PRODRONE、新社屋へ移転。屋内試験飛行場を構え研究開発・製作まで全てがワンストップ。高い技術力で産業用ドローン業界を牽引

ドローン開発エンジニアの為に最高の開発環境を用意 名古屋を中心に日本全国へ、そして北米で活躍する産業用ドローンシステムソリューションカンパニーである株式会社プロドローン(以下... 続きを読む

PRODRONE、ドローン通信の高秘匿化で電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西澤氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRODRONE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む