8人に1人が「無人航空機に乗りたくない」との結果

2018-10-10 掲載

ビジネス航空と個人飛行の将来を考え、改革する場であるRevolution.Aeroのリサーチ(*1)によれば、「無人航空機に乗りたい」と答えたのは全体の13%とのこと。男性は5人に1人(20%)、女性はそれよりも少ない6%という結果になった。Revolution.Aeroは、航空関連及び無人航空機のカンファレンス団体である。

年齢層別に見ると、44歳以下が18%、55歳〜64歳からはガクッと落ちて11%、65歳以上が8%だ。Revolution.Aeroはパイロット不足が深刻な現状に警鐘を鳴らしており、無人航空機の普及が進まなければ、航空会社もあまり利益の出ない一部のフライトをキャンセルせざるを得なくなるだろうとしている。

さらに、大手競合の支払う高い賃金に対抗できない、規模の小さい航空会社からパイロットが引き抜かれてしまうケースが多くなることも予想されており、特定フライトのキャンセル、最悪の場合には廃業に追い込まれてしまう可能性もあるという。

Revolution.Aeroはテクノロジーの発展に大きなポテンシャルを見出しており、現在は無人、もしくは2人のパイロットが搭乗することが義務化されているが、今後、パイロットが1人のフライトも商業的に可能になるだろうと見ている。Revolution Aeroの主催者の一人であるAlasdair Whyte氏は次のように指摘する。

今、旅行業界は急速な成長を遂げようとしており、世界中の中産階級の成長やチケット価格の下落がますますその成長に拍車をかけています。増加しつつある需要に応えたり、今後60~65歳で定年退職するパイロットの穴埋めをするには、10数年先までに20万人、20年先までには79万人超のパイロットが必要です。

これだけの数のパイロットを集めるというのは現実的な話ではないので、航空産業や社会が無人航空機や1人パイロットの可能性にもっと目を向けていく必要があるように思います。

飛行機が離陸する際には大量のデータが集積されますが、今はまだそのほんの一部しか活用できていません。そんな中、近年の航空産業ではAIソフトウェアを駆使してデータ解析を行う動きもあり、メンテナンス作業や装備使用の効率化が今後進めば、無人フライト実現への大きな一歩となるでしょう。

1) 7500人を対象にgoogle上でアンケートを実施。
▶︎Revolution.Aero

関連する記事

EHang、消防用ドローン「EHang 216F」発表。多発する高層階火災に有用か

AAV(自律型空撮車)技術プラットフォーム企業であるEHangは、EHang 216をベースに新しい消防バージョン「EHang 216F」を発表した。EHang 216Fは高層ビル... 続きを読む

大阪初開催、大企業と海外は出展無し。点検・測量向けに集中 [第6回国際ドローン展]

6回目を迎えた国際ドローン展の現場から 毎年4月に幕張メッセで開催されている国際ドローン展が第6回目を迎えた。今年は東京から大阪に場所を移し、インテックス大阪で7月29日から3日... 続きを読む

EHang、AAV(自律型空撮車)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ

パッセンジャードローンを世に広め、AAV(自律型空撮車)技術のリーディングカンパニーであるEHangは中国広東省雲府市に、当初の年間生産能力600台を予定し、現地政府の支援を受け約... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む

EHang、いよいよ観光飛行開始EHang 216が東シナ海上空を遊覧

自家用機「EHang 216」が東シナ海の上空観光を披露 AAV(自律型航空機)技術プラットフォーム企業であるEHangは、中国東部の沿岸都市・煙台での観光試験飛行を発表... 続きを読む