「空飛ぶスーパーカブ」プロジェクトに新たなサポーター。株式会社WING GATE×P.P.K.P.パーソナルプレーン開発プロジェクト

2018-10-12 掲載

「空飛ぶスーパーカブ」をコンセプトに、誰もが使える空の交通手段開発を目指す有志グループP.P.K.P.パーソナルプレーン開発プロジェクトは、2018年10月に、無人機システム運用・開発メーカー株式会社WING GATEと自動運転航空機運用システムの共同開発を開始する。

自動運転航空機は将来的に、固定翼機やヘリコプターなど、既存の航空機と同じ空域を飛行し、屋上ヘリポートを活用するなど都市部での運用を行うことになるため、安全性が確保できる運用システムが必須となる。

https://www.drone.jp/wpdronenews/wp-content/uploads/2018/10/181012_PPKP_main_b.jpg 自動運転システムイメージ ※画像をクリックすると拡大します

そこで同社は、JAXAや日本原子力機構向けにドローン用の航空機運用システムを作成・運用してきた実績がある株式会社WING GATEと、安全性が確保できるシステム開発に取り組んでいくという。システム内容は、自動運転航空機向けとして「他機との衝突防止システム」や「管制との連携」、「異常時のバックアップシステム」を盛り込んだ運用システムの開発を行う。

P.P.K.P.
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

「空飛ぶスーパーカブ」プロジェクトに新たなパートナー。合言葉は「ベンチャースピリッツ」

「空飛ぶスーパーカブ」をコンセプトに、誰もが使える空の交通手段開発を目指す有志グループP.P.K.P.(パーソナルプレーン開発プロジェクト)は、2018年5月31日より、イベントの... 続きを読む