ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

2018-10-15 掲載

2018年10月12日、日本のヤマトホールディングス株式会社は、米国テキストロン社傘下のベルヘリコプターと将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、基本合意書を締結したことを発表した。

両社は、これまで培った空と陸のノウハウを融合させて空における新たな輸送モードによって傑出した顧客体験を創出し、eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域においてグローバルリーダーを目指すとしている。両社は、2020年代半ばまでにこれを実用化する予定だ。

ベルヘリコプターは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導。ヤマトホールディングス株式会社は、これまで培ってきた幅広い物流業務におけるノウハウを活かしたポッドを開発する。両社は、2019年8月までに開発したAPTとポッドの飛行及び機能デモンストレーションを実施するという。

ベルヘリコプターのAPTは、テイルシッター型の電動垂直離着陸機に革新的なペイロードポッドを搭載。この電動垂直離着陸機は時速100マイル(時速160km)以上の速度で飛行し、小型機の最大積載量は15ポンド(7kg)で、大型機では1,000ポンド(453kg)の積載量になる。APTの能力によって完全に別次元の輸送サービスやオペレーション効率の向上が実現できるとしている。

ヤマトホールディングス株式会社
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。 ... 続きを読む

NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

imge Credits: NASA NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これは... 続きを読む

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬... 続きを読む

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL... 続きを読む

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと... 続きを読む