DRONE

ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

2018年10月12日、日本のヤマトホールディングス株式会社は、米国テキストロン社傘下のベルヘリコプターと将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、基本合意書を締結したことを発表した。

両社は、これまで培った空と陸のノウハウを融合させて空における新たな輸送モードによって傑出した顧客体験を創出し、eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域においてグローバルリーダーを目指すとしている。両社は、2020年代半ばまでにこれを実用化する予定だ。

ベルヘリコプターは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導。ヤマトホールディングス株式会社は、これまで培ってきた幅広い物流業務におけるノウハウを活かしたポッドを開発する。両社は、2019年8月までに開発したAPTとポッドの飛行及び機能デモンストレーションを実施するという。

ベルヘリコプターのAPTは、テイルシッター型の電動垂直離着陸機に革新的なペイロードポッドを搭載。この電動垂直離着陸機は時速100マイル(時速160km)以上の速度で飛行し、小型機の最大積載量は15ポンド(7kg)で、大型機では1,000ポンド(453kg)の積載量になる。APTの能力によって完全に別次元の輸送サービスやオペレーション効率の向上が実現できるとしている。

djimini3pro
Return Top