DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

2018-10-16 掲載

DJIは、センチメートル単位でのナビゲーションと測位を可能にする測量用の高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表した。Phantom 4 RTKは、測量調査の効率性と正確性を向上させながら、複雑な業務の簡素化と費用の削減を実現するという。全国のDJI Enterpriseの正規代理店で10月下旬からの販売を予定。

DJI エンタープライズ ヨーロッパのディレクターSunny Liao氏は次のようにコメントしている。

Sunny Liao氏:Phantom 4 RTKは、ドローンを測量やマッピング、測量調査などの業務で使用するユーザーの要求に満たすよう、マッピングや測量業界からのフィードバックをいただき、設計しました。DJIは、今後も需要の拡大と成長の可能性がある様々な業界へのイノベーションを強化するというDJIのコミットメントを、このソリューションで実証できると確信しています。

RTKモジュールは、ドローンの機体に直接統合されており、センチメートル単位での詳細な測位データがリアルタイムに提供され、画像メタデータの精度が向上するという。

RTK非搭載のドローンの場合、1平方キロメートルあたり最大40個の標定点(GCP)が必要となり、その設置だけで数時間かかる。正確なRTKナビゲーション測位システムと高性能イメージングシステムを内蔵したDJI Phantom 4 RTKは、RTK測位モジュール(GPS L1 L2/ GLONASS L1 L2, Galileo E1 E5aとBeiDou B1 B2)と併せて使用することで、標定点を設置する必要なく、設置時間を少なくとも75%短縮できる。RTK受信機の下側に設置されている冗長性を備えたGNSSモジュールは、電波の密集する都市部など、信号の弱い地域での飛行安定性を維持することができるという。

両方のモジュールを組み合わせることで、Phantom 4 RTKは、飛行の安全性を最適化しながら、複雑な測量、マッピングや調査のワークフローにおいて最も正確なデータを取得できるとしている。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンス発表

DJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、202... 続きを読む

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む

[空☆ひろし巡り会い]Vol.04 恋しくて夏2020〜高性能なMatrice 300 RTKにくびったけ

東京は梅雨入り宣言。まもなく夏を迎えるが今年は違うに夏になりそうだ。仕事もプライベートもドローン漬けの日々を過ごしている。正直やや食傷気味の中、一服の清涼剤のように現れたのが言うま... 続きを読む