DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

2018-10-16 掲載

DJIは、センチメートル単位でのナビゲーションと測位を可能にする測量用の高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表した。Phantom 4 RTKは、測量調査の効率性と正確性を向上させながら、複雑な業務の簡素化と費用の削減を実現するという。全国のDJI Enterpriseの正規代理店で10月下旬からの販売を予定。

DJI エンタープライズ ヨーロッパのディレクターSunny Liao氏は次のようにコメントしている。

Sunny Liao氏:Phantom 4 RTKは、ドローンを測量やマッピング、測量調査などの業務で使用するユーザーの要求に満たすよう、マッピングや測量業界からのフィードバックをいただき、設計しました。DJIは、今後も需要の拡大と成長の可能性がある様々な業界へのイノベーションを強化するというDJIのコミットメントを、このソリューションで実証できると確信しています。

RTKモジュールは、ドローンの機体に直接統合されており、センチメートル単位での詳細な測位データがリアルタイムに提供され、画像メタデータの精度が向上するという。

RTK非搭載のドローンの場合、1平方キロメートルあたり最大40個の標定点(GCP)が必要となり、その設置だけで数時間かかる。正確なRTKナビゲーション測位システムと高性能イメージングシステムを内蔵したDJI Phantom 4 RTKは、RTK測位モジュール(GPS L1 L2/ GLONASS L1 L2, Galileo E1 E5aとBeiDou B1 B2)と併せて使用することで、標定点を設置する必要なく、設置時間を少なくとも75%短縮できる。RTK受信機の下側に設置されている冗長性を備えたGNSSモジュールは、電波の密集する都市部など、信号の弱い地域での飛行安定性を維持することができるという。

両方のモジュールを組み合わせることで、Phantom 4 RTKは、飛行の安全性を最適化しながら、複雑な測量、マッピングや調査のワークフローにおいて最も正確なデータを取得できるとしている。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、ジンバルRONIN-S後継機種登場か?

どうやらDJIは、7月17日朝9時(米国東部標準時)にRONINの新型をリリースするようだ。「RONIN S」の新型ではないかとみられる。すでにDJIのWebでも「Lighter ... 続きを読む

セキド、DJI製ドローンでユーザーが撮影した作品を集めたフォトブックを公開

株式会社セキドは、2019年5月に実施したDJI製ドローンで撮影した空撮写真コンテストの受賞作品・応募作品をまとめたフォトブック「DJIドローンで撮る撮影コンテストフォトブックVo... 続きを読む

[Reviews]予想を超えるおもしろさ!RoboMaster S1は学び中毒に注意!! [基礎検証編]

空飛ぶロボット「ドローン」メーカーDJIから登場した飛ばないロボットRoboMaster S1。レビュー機をお預かりしてしばらくいじったのですが、これは知的探究⼼をくすぐる最⾼のマ... 続きを読む

ドローン空撮もアナモルフィックレンズで。DJI Mavic 2 用に「Moment Air」シリーズ登場

ドローン空撮でアナモルフィックレンズ使いたい! Momentは、 iPhone用のレンズ、ケース、カメラストラップでおなじみのメーカーだ。最近もモバイル・アナモルフィックレン... 続きを読む

ニワカソフト、RoboMaster委員会と日本地区戦開催に向け業務提携。RoboMaster日本委員会設立

RoboMaster委員会×ニワカソフト株式会社 ニワカソフト株式会社(以下:ニワカソフト)は、DJIが運営するRoboMaster委員会(中国・深圳市)と2019年6月26日に... 続きを読む