FullDepth、水中ドローンで「バーチャル海底旅行」の実現!鹿児島・錦江湾海底にて

2018-10-22 掲載
「FullDepth DiveUnit300」船上での運用の様子

株式会社FullDepthは、2018年9月19日と20日の2日間、鹿児島県・錦江湾の海底火山域において、自社開発の小型水中ドローン(ROV)の試験潜行を実施した。水深約120mにおいて、世界的にも珍しい火山性熱水噴気活動「たぎり」の撮影にも成功し、錦江湾の貴重な生態を映像に収めた。また潜航中、ROVからの映像をインターネットを経由してリアルタイム配信することにも成功したという。

火山性熱水噴気活動「たぎり」

同試験潜行に使用したROVは、深度300mまで潜行が可能な「FullDepth DiveUnit300」。FullDepth DiveUnit300はサイズ・重量ともにコンパクトに設計された可搬型のバッテリー駆動ROV。運用に必要なものはROV本体とPC、そしてその2つをつなぐ通信用のテザーケーブルのみとなっており、手軽に水中調査を行うことができるとしている。また、本体に内蔵されているカメラでは映像の記録が可能。

同社は今後、今まで見ることのできなかった未知の海底・深海生物・海中遺跡などを、誰でも手軽に見ることができるROVによる「バーチャル海底旅行」の事業展開も検討しているという。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

FullDepth、小型水中ドローンによる深海1,000m域の生物共同研究を実施。新たな深海調査手段の確立へ

株式会社FullDepthは、株式会社新江ノ島水族館と小型水中ドローンを活用した深海1,000m域の生物共同研究「シロウリガイ探査プロジェクト」を実施する。 FullDept... 続きを読む

水中ドローン専門サイト「ROVファン」がWebショップ開設。水中ドローンの専門スクールも展開

水中ドローン専門サイト「ROVファン」がWebショップを2019年7月に開設した。企業の水中ドローン導入や運用のサポートを行うほか、9月には水中ドローンの専門スクールも展開するとい... 続きを読む

Drone Fund、水中ドローンメーカーFullDepthへの出資を発表

「2029年、遠隔操作で世界各地の深海の様子をライブ配信するFullDepth社製の水中ドローン"FullDepth DiveUnit300"」 Illustration by y... 続きを読む

FullDepth、水中ドローン深海1,000m映像鑑賞イベント開催

水中ドローンスタートアップ企業FullDepthは、2019年4月23日(火)19時よりDMM.make AKIBAにおいて、 「水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像を... 続きを読む

FullDepth、水中ドローンで深海1,000m域に到達。深海生物調査を実施

水中ドローンメーカーの株式会社FullDepthは、同社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle、以下:ROV)「TripodFinder」を用いて... 続きを読む