DRONE

FullDepth、水中ドローンで「バーチャル海底旅行」の実現!鹿児島・錦江湾海底にて

FullDepth、水中ドローンで「バーチャル海底旅行」の実現!鹿児島・錦江湾海底にて

「FullDepth DiveUnit300」船上での運用の様子

株式会社FullDepthは、2018年9月19日と20日の2日間、鹿児島県・錦江湾の海底火山域において、自社開発の小型水中ドローン(ROV)の試験潜行を実施した。水深約120mにおいて、世界的にも珍しい火山性熱水噴気活動「たぎり」の撮影にも成功し、錦江湾の貴重な生態を映像に収めた。また潜航中、ROVからの映像をインターネットを経由してリアルタイム配信することにも成功したという。

火山性熱水噴気活動「たぎり」

同試験潜行に使用したROVは、深度300mまで潜行が可能な「FullDepth DiveUnit300」。FullDepth DiveUnit300はサイズ・重量ともにコンパクトに設計された可搬型のバッテリー駆動ROV。運用に必要なものはROV本体とPC、そしてその2つをつなぐ通信用のテザーケーブルのみとなっており、手軽に水中調査を行うことができるとしている。また、本体に内蔵されているカメラでは映像の記録が可能。

同社は今後、今まで見ることのできなかった未知の海底・深海生物・海中遺跡などを、誰でも手軽に見ることができるROVによる「バーチャル海底旅行」の事業展開も検討しているという。

Return Top